○中部上北教育相談実施に関する規程

昭和62年3月25日

教委訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、中部上北教育研修センター設置条例施行規則(昭和52年中部上北広域事業組合教育委員会規則第2号)第5条に規定する、教育相談を実施するに当たり、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 中部上北管内在住のおおむね18歳未満の児童・生徒等の教育に関する相談に応ずるため、中部上北教育研修センター内に中部上北教育相談室(以下「相談室」という。)を置く。

(業務)

第3条 相談室は、次の業務を行う。

(1) 児童・生徒の教育相談に関すること。

(2) 児童・生徒の不登校、事故、非行、いじめ、怠業及び心身障害等就学上の相談に関すること。

(3) 児童・生徒の就職進学等の相談に関すること。

(4) 児童・生徒の家庭教育の相談に関すること。

(5) 教職員の教育相談及び教育相談員の養成等に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、所長が必要と認める事項に関すること。

(平24教委訓令1・全改)

(資格)

第4条 中部上北教育研修センター教育相談員(以下「相談員」という。)は、学識経験を有する者の中から本人の同意を得て、中部上北広域事業組合教育委員会が委嘱する。

2 相談員の任期は、1年とする。ただし、再任することができる。

(平24教委訓令1・全改)

(相談方法)

第5条 相談方法は、来談者相談、訪問相談等及び電話相談とする。

(平24教委訓令1・全改)

(秘密の保持)

第6条 相談員は、相談上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(補則)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成17年教委訓令第1号)

この規程は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成24年教委訓令第1号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

中部上北教育相談実施に関する規程

昭和62年3月25日 教育委員会訓令第2号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第7編 育/第2章
沿革情報
昭和62年3月25日 教育委員会訓令第2号
平成17年2月10日 教育委員会訓令第1号
平成24年3月27日 教育委員会訓令第1号