○中部上北広域事業組合資源ごみ集団回収事業奨励金交付要綱

平成5年3月15日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この要綱は、廃棄物の再資源化とごみ減量化を図るため、関係町住民団体(以下「団体」という。)が、自主的に行う資源ごみ集団回収事業に対し、予算の範囲内において奨励金を交付するものとし、その必要な事項を定めるものとする。

(平17訓令6・一部改正)

(定義)

第2条 この要綱において「資源ごみ」とは、新聞紙、雑誌、ダンボール、牛乳パックその他の紙製容器(以下「古紙等」という。)及び空き缶並びに生きびんをいう。

2 この要綱において、「団体」とは、町内会、子供会、老人クラブ、婦人会及びこれらに類する団体で管理者が認めた団体とし、事業所、社員寮等の団体には適用しない。

(平20訓令1・一部改正)

(団体の届出及び承認)

第3条 資源ごみの集団回収事業に参加しようとする団体(以下「申請者」という。)は、当該町長の推薦を受け、資源ごみ集団回収事業実施計画書(様式第1号)(以下「計画書」という。)を管理者に届け出るものとする。

2 前項の計画書に変更が生じたときは、資源ごみ集団回収事業変更届(様式第2号)を管理者に提出しなければならない。

3 管理者は、第1項の計画書を審査し、適当と認めた団体に対し、資源ごみ集団回収事業団体承認書(様式第3号)を交付する。

(平17訓令6・一部改正)

(奨励金)

第4条 奨励金の額は、第2条に定める資源ごみの総重量又は本数に、別表に定める額の範囲内において管理者が定める単価を乗じて得た額(その額に10円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)とする。

(平20訓令1・一部改正)

(交付申請)

第5条 第3条の規定による届出をし、承認を得た団体は、集団回収事業を実施した場合、資源ごみ集団回収事業奨励金交付申請書(様式第4号)に資源ごみ集団回収事業奨励金請求書(様式第5号)を添付し、その月25日までに申請するものとする。

(平17訓令6・全改、平24訓令2・一部改正)

(交付決定)

第6条 管理者は、前条の規定に基づき申請があったときは、申請内容を審査し、適当と認めたときは、申請書が提出された日から起算して30日以内に奨励金を交付する。

(補則)

第7条 この要綱の定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年訓令第6号)

この要綱は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成20年訓令第1号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第2号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

(平20訓令1・追加)

品目

奨励金

古紙等

20円/kg

空き缶

スチール缶 40円/kg

アルミ缶 250円/kg

生きびん

1升びん(茶色、緑色に限る。) 10円/本

ビールびん(大、中) 10円/本

ビールびん(特大) 40円/本

(平17訓令6・全改)

画像

(平17訓令6・全改)

画像

(平17訓令6・全改)

画像

(平17訓令6・全改、平20訓令1・一部改正)

画像

(平17訓令6・全改、平24訓令2・一部改正)

画像

中部上北広域事業組合資源ごみ集団回収事業奨励金交付要綱

平成5年3月15日 訓令第5号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第8編 生/第2章 生/第1節 環境衛生
沿革情報
平成5年3月15日 訓令第5号
平成17年3月16日 訓令第6号
平成20年2月26日 訓令第1号
平成24年3月9日 訓令第2号