○公立七戸病院非常勤医師設置規程

平成22年3月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、公立七戸病院非常勤医師の設置、身分及び勤務条件等について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 公立七戸病院に非常勤医師を置く。

(身分)

第3条 非常勤医師は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項に規定する特別職の非常勤とする。

(勤務時間)

第4条 非常勤医師の勤務時間は、一般職員の1週間当たりの勤務時間の4分の3を超えない範囲内とする。ただし、日曜日は勤務を要しない日とする。

(休日)

第5条 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月29日から同月31日までの日、1月2日及び同月3日は、休日とする。

(休暇)

第6条 非常勤医師の休暇は、次のとおりとする。

(1) 年次有給休暇 15日

(2) 病気休暇 10日

(3) 特別休暇 一般職員の例による。

2 休暇は、1の年度ごとにおける休暇とし、翌年度に繰り越すことはできないものとする。

3 休暇の請求等については、一般職員の例による。

附 則

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

公立七戸病院非常勤医師設置規程

平成22年3月1日 訓令第4号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第8編 生/第3章 病院事業
沿革情報
平成22年3月1日 訓令第4号