○公立七戸病院事業職員被服等貸与規程

平成3年4月1日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、公立七戸病院に勤務する職員(以下「職員」という。)に対する被服等の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(被服等を貸与する職員等)

第2条 被服等を貸与する職員並びに貸与する被服等の種類、員数及び貸与期間は、別表に定めるところによる。ただし、病院事務局庶務課長(以下「庶務課長」という。)は予算等によって、被服等の種類及び員数を減少し、又は貸与期間を延長することができる。

2 前項の貸与期間の計算は、現物を貸与した日から起算する。

(平21訓令4・平24訓令4・一部改正)

(貸与被服等の取扱い)

第3条 被服等を貸与された職員は、業務に従事するときは、特別の理由がある場合を除き着用しなければならない。

2 貸与された被服等は、丁寧に取り扱い、常に清潔にしなければならない。

3 貸与された被服等は、売買し、又は転貸してはならない。

(感染性被服等の焼却)

第4条 被服等に感染性血液等が付着した場合又は被服等が感染のおそれがある場合は、感染事故を防止するため焼却するものとする。

2 前項の規定により焼却処分した場合は、庶務課長に報告しなければならない。この場合において、別表に定める貸与期間にかかわらず、現物を貸与するものとする。

(平21訓令4・平24訓令4・一部改正)

(被服等の返納)

第5条 職員は、退職、休職、転職のとき又は貸与期間が満了したときは、速やかに貸与された被服等を返納しなければならない。

(忘失、毀損等の届出)

第6条 職員は、貸与された被服等を忘失し、又は修理不能程度に毀損したときは、速やかにその旨を庶務課長に届け出なければならない。

(平24訓令4・一部改正)

(事務処理)

第7条 庶務課長は、被服等貸与簿を備え付け、所要事項を記入し、常に貸与の状況を明らかにしておかなければならない。

(平24訓令4・一部改正)

附 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 この規程施行の際、現に職員に貸与している被服等については、この規程により貸与されたものとみなす。

附 則(平成14年訓令第4号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年訓令第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年訓令第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

(平14訓令4・平18訓令2・一部改正、平21訓令4・旧別表第1・一部改正)

被服等を貸与する職員

被服等の種類

員数

貸与期間

摘要

採用時

平年時

1

医師

白衣

4

1

2

白衣については、ダブル及びKC型合わせての枚数とする。



白ズボン

2

1

2

2

薬剤師

白衣

2

1

2


3

栄養士

帽子

2

1

2




白衣

2

1

2



白ズボン

2

1

2

4

臨床検査技師

白衣

2

1

2



放射線技師

白ズボン

2

1

2


理学療法士





5

看護師





白衣については、夏冬合わせての枚数とする。


准看護師

白衣

5

1

1



予防衣

5

1

1

6

事務職員

作業衣

2

1

3


備考 本表に定めのない職員については、職員の職務の内容が本表に定める被服等を貸与する職員に類似する場合は、本表に準じて貸与することができる。

公立七戸病院事業職員被服等貸与規程

平成3年4月1日 訓令第1号

(平成24年7月20日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第8編 生/第3章 病院事業
沿革情報
平成3年4月1日 訓令第1号
平成14年3月15日 訓令第4号
平成18年8月10日 訓令第2号
平成21年11月30日 訓令第4号
平成24年7月20日 訓令第4号