○中部上北広域事業組合消防本部火災出動に関する規程

昭和52年11月11日

消防長訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、中部上北広域事業組合管内の火災出動に関する必要な事項を定めるものとする。

(出動区分)

第2条 管内における火災の発生した地域、火災の規模及び気象状態等により第1出動、第2出動及び第3出動に区分し、この出動区分は別表のとおりとする。

(昭59消防長訓令2・一部改正)

(第1出動)

第3条 管内における火災を覚知した署は、別表「第1出動」により出動するほか次の各号のとおりとする。

(1) 火災現場における先着指揮者は、火災現場付近の消防水利及び延焼状況等により別表「第1出動」後、各署に待機中のポンプ車を必要に応じて出動させることができる。

(2) 出動途中において火災現場における最高指揮者の火災鎮火の通報を受信したときは途中より帰署することができる。ただし、その区域を管轄する署は、現場到着が他の署に遅れた場合でも現場確認及び火災原因等の調査のため1台は火災現場に出動する。

(3) 火災現場における指揮者は、火災の状況等により前号の規定と異なる指令を発することができる。

(平13消防長訓令1・全改)

(第2出動)

第4条 火災現場先着の指揮者は、その火災が別表「第1出動」により出動中のポンプ車では火災を消火し得ないと判断したときは、別表「第2出動」により出動の指令を発することができる。

(平13消防長訓令1・一部改正)

(第3出動)

第5条 消防長又は署長は、前条の規定により出動し、更に火災拡大のおそれがあると判断したときは、別表「第3出動」により出動の指令及び応援要請をするものとする。

(平13消防長訓令1・一部改正)

(消防長等の出動)

第6条 消防長及び次長は、「第2出動」を必要とするとき又は火災の状況等により必要と認めたとき、出動するものとする。

(平9消防長訓令1・追加、平13消防長訓令1・一部改正)

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和52年11月1日から適用する。

附 則(昭和59年消防長訓令第2号)

この訓令は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年消防長訓令第1号)

この訓令は、昭和61年4月17日から施行する。

付 則(平成5年消防長訓令第3号)

この規程は、平成5年10月1日から施行する。

附 則(平成9年消防長訓令第1号)

この規程は、平成9年6月20日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

附 則(平成13年消防長訓令第1号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年消防長訓令第2号)

この規程は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成25年消防長訓令第1号)

この規程は、平成25年3月20日から施行する。

別表(第2条関係)

(平13消防長訓令1・全改、平17消防長訓令2・平25消防長訓令1・一部改正)

火災出動区分表

区分

町名

署名

火災発生町

七戸町

東北町

七戸地区

天間林地区

上北地区

東北地区

第一出動

中央消防署

2台

2台

榎林・附田・昭和・貝塚・二ツ森・甲田・李沢・石沢の場合1台出動

1台

新舘・戸舘・八幡・赤平の場合2台出動

1台

上北消防署

1台

待機

榎林・附田・昭和・貝塚・二ツ森の場合2台出動

2台

新舘・戸舘・八幡・赤平の場合1台出動

待機

東北消防署

待機

1台

待機

2台

榎林・附田・昭和・貝塚・二ツ森

待機

甲田・李沢・石沢の場合2台出動

(1) 非番者招集(数人)

第二出動

(1) 待機中のポンプ車出動

(2) 非番者全員を招集

第三出動

(1) 管内の消防団員及びポンプ車の出動

(2) 隣接市町村応援協定に基づいて他消防本部へ応援を要請

中部上北広域事業組合消防本部火災出動に関する規程

昭和52年11月11日 消防長訓令第1号

(平成25年3月20日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第11編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
昭和52年11月11日 消防長訓令第1号
昭和59年3月31日 消防長訓令第2号
昭和61年4月1日 消防長訓令第1号
平成5年8月24日 消防長訓令第3号
平成9年6月20日 消防長訓令第1号
平成13年3月26日 消防長訓令第1号
平成17年2月10日 消防長訓令第2号
平成25年3月19日 消防長訓令第1号