○上北地方教育・福祉事務組合理事会規則

昭和53年7月27日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、上北地方教育・福祉事務組合規約(昭和48年青森県知事指令第1958号。以下「規約」という。)第8条第7項の規定に基づき、上北地方教育・福祉事務組合理事会(以下「理事会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(招集)

第2条 理事会は、理事長が招集する。

2 理事の過半数以上から会議の目的である事項を示し、理事会招集の請求があったときは、理事長は理事会を招集しなければならない。

3 理事会を招集するには、理事長はあらかじめ理事に対し招集の日時、場所及び会議の目的である事項を通知しなければならない。

(議事)

第3条 理事会は、理事の過半数の出席がなければ開会することはできない。

2 理事会の議事は、出席した理事の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、理事長の決するところによる。

(書面表決等)

第4条 やむを得ない理由のため会議に出席できない理事は、あらかじめ通知された会議の目的である事項について書面表決し、又は他の理事及び当該理事の属する関係市町村の副市町村長等を代理人として表決を委任することができる。この場合において、前条の規定の適用については、出席したものとみなす。

(議事録)

第5条 理事会の議事については、会議の次第を記載した議事録を作成し、理事長及び理事会において理事長が指名した理事2人が署名しなければならない。

(委任)

第6条 この規則の施行に関し必要な事項は、理事長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和53年7月18日から適用する。

附 則(平成7年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

上北地方教育・福祉事務組合理事会規則

昭和53年7月27日 規則第6号

(平成7年5月29日施行)

体系情報
上北地方教育・福祉事務組合/第3編 組織・処務/第2章 代理等
沿革情報
昭和53年7月27日 規則第6号
平成7年5月29日 規則第2号