○職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則

昭和53年3月31日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和53年上北地方教育・福祉事務組合条例第4号。以下「条例」という。)の規定に基づき、特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(特殊勤務手当の額)

第2条 条例第3条の特殊勤務手当の支給区分及び額は、別表のとおりとする。

(支給の制限)

第3条 月額をもって定める特殊勤務手当は、その月のうち当該職務に従事した日が10日以上である場合はその全額を、4日以上10日未満である場合はその半額を支給し、4日未満の場合は支給しない。

2 条例第3条の規定は、管理職手当の支給を受ける職員には適用しない。

(手当の支給)

第4条 特殊勤務手当の支給は、その月分を翌月の給料支給日までに支給する。

(整理簿の管理)

第5条 理事長は、特殊勤務手当整理簿を作成し、所要事項を記入し、かつ、これを保管しなければならない。

(その他)

第6条 この規則の実施に関し必要な事項は、別に理事長が定める。

附 則

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和53年7月18日から適用する。

附 則(昭和58年規則第2号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(職員の給料の調整額支給規則を廃止する規則)

2 職員の給料の調整額支給規則(昭和52年上北地方教育・福祉事務組合規則第4号)は、昭和61年3月31日をもって廃止する。

附 則(平成3年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成8年規則第1号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成10年規則第2号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第3号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第1号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年規則第1号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第1号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第2号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

手当の種類

区分

手当の額

福祉施設現業手当

医療職給料表(3)の適用を受ける職員

月額 3,000円

職員の特殊勤務手当に関する条例施行規則

昭和53年3月31日 規則第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
上北地方教育・福祉事務組合/第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和53年3月31日 規則第1号
昭和53年8月4日 規則第10号
昭和58年3月1日 規則第2号
昭和61年4月1日 規則第1号
平成3年12月26日 規則第3号
平成8年2月20日 規則第1号
平成10年2月5日 規則第2号
平成12年2月15日 規則第3号
平成13年2月15日 規則第1号
平成15年2月21日 規則第1号
平成18年2月23日 規則第1号
平成19年2月1日 規則第1号
平成24年2月10日 規則第2号