○公立ぎんなん寮処務規程

昭和58年3月1日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、公立ぎんなん寮(以下「ぎんなん寮」という。)の組織及び事務処理について必要な事項を定めるものとする。

(園長)

第2条 ぎんなん寮に園長を置き、園長は園務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(次長)

第3条 ぎんなん寮に必要に応じ次長を置く。

2 次長は、園長の指揮を受け、ぎんなん寮の所掌事務について園長を補佐し、園長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理するものとする。

(課及び係の設置)

第4条 ぎんなん寮に庶務課及び福祉課を設置し、庶務課に庶務係、福祉課に福祉係を置く。

2 庶務課庶務係は、次の各号に掲げる事務を掌る。

(1) 公文書の収受及び発送に関すること。

(2) 公印の管守に関すること。

(3) 庁内の取締及び庁舎の管理に関すること。

(4) 勤務時間その他の勤務条件に関すること。

(5) 職員の研修に関すること。

(6) 職員の衛生管理及び福利厚生に関すること。

(7) 職員台帳の整備に関すること。

(8) 県、関係市町村及び関係機関の事務連絡に関すること。

(9) 統計及び要覧作成に関すること。

(10) 支援費の請求等に関すること。

(11) 歳入・歳出の見積に関すること。

(12) 収入伝票及び支出伝票に関すること。

(13) 物品購入及び処分に関すること。

(14) 物品の管理に関すること。

(15) 公用車の運転及び管理に関すること。

(16) 浄化槽、水道、電気、ボイラー、洗濯、厨房等の設備に関すること。

(17) その他他の係に属さないぎんなん寮の全般に関すること。

3 福祉課福祉係は、次の各号に掲げる事務を掌る。

(1) 入退所に関すること。

(2) 入退所者の台帳の整備に関すること。

(3) 入所者の生活指導、学習指導、作業指導の計画及び指導に関すること。

(4) 指導記録に関すること。

(5) 指導技術等の研究及び研修に関すること。

(6) 入所者の治療、看護、通院、入院及び健康管理に関すること。

(7) 保健指導に関すること。

(8) 給食献立及び給食内容検討表(栄養出納表)に関すること。

(9) 入所者の栄養指導に関すること。

(10) 入所者の調理業務に関すること。

(11) 関係機関との連絡に関すること。

(13) 親の会及び寮生会に関すること。

(14) 愛護手帳に関すること。

(15) 非常災害に備えるため防災、避難等の訓練に関すること。

(職員)

第5条 ぎんなん寮に施設長のほか、その他必要な職員を置くことができる。

附 則

1 この規程は、昭和58年3月1日から施行する。

2 この規程施行前に、現にこの規程により取扱いがなされている事項については、この規程によって取扱いがなされたものとみなす。

附 則(昭和60年訓令第3号)

この規程は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年訓令第4号)

(施行期日等)

この規程は、公布の日から施行し、昭和60年7月1日から適用する。

附 則(平成10年訓令第3号)

この規程は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規程第3号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年訓令第2号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

公立ぎんなん寮処務規程

昭和58年3月1日 訓令第3号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
上北地方教育・福祉事務組合/第8編 生/第1章 施設等
沿革情報
昭和58年3月1日 訓令第3号
昭和60年3月30日 訓令第3号
昭和60年12月25日 訓令第4号
平成10年2月5日 訓令第3号
平成14年3月15日 規程第3号
平成15年3月7日 訓令第2号