○中部上北広域事業組合消防本部消防通信取扱要綱

平成28年11月1日

消防長訓令第3号

中部上北広域事業組合消防本部消防通信取扱要綱(昭和61年消防長訓令第5号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、中部上北広域事業組合消防通信取扱規程(平成28年消防長訓令第2号。以下「通信規程」という。)第26条の規程に基づき、消防通信の運用について必要な事項を定めるものとする。

(災害の通報内容)

第2条 通信規程第3条第1項に規定する災害の通報内容は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 災害通報の受報時分

(2) 災害の種別

(3) 災害の発生場所

(4) 災害の情報

(5) 傷病者又は要救助者の情報

(6) 通報者の氏名及び電話番号

(7) その他必要事項

(無線局の通信要領)

第3条 無線局の通話要領は、別表第1に掲げる無線通話の原則を基本とし、別表第2に掲げる災害時の無線通話要領、及び必要に応じて別表第3に掲げる和文通話表並びに別表第4に掲げる欧文通話表により行うほか、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 通話速度は、通常の会話を基準とし、通話は簡潔明瞭とする。

(2) 陸上移動局(以下「移動局」という。)等の通信内容は復唱し、火災の鎮圧と鎮火、及びドクターヘリ等の離着陸並びに救助完了については時刻を付加する。

(3) 無線通信は正確に行うものとし、通信上の誤りを知ったときは、直ちに訂正しなければならない。

2 前項に規定する無線通信については、上十三消防指令センター(以下「指令センター」という。)の災害通信を妨げないこととする。ただし、次の各号に掲げる場合は、移動局と指令センター等と無線通信を行うものとする。

(1) 災害又は災害に発展することが予見される場面を発見した場合

(2) 事件、事故等を発見した場合

(3) 車両事故及び故障等が発生し出動不能となった場合

(4) その他、現場の上席者が必要と認める場合

(無線通信略号)

第4条 通信取扱規程第9条に規定する略号は、別表第5に掲げる無線通信略号表によるものとする。

(無線局の周波数の指定区分等)

第5条 通信取扱規程第14条に規定する無線局の周波数等は、別表第6による。

(災害通報記録)

第6条 通信取扱規程第20条第2項に規定による災害通報記録は、様式第1号に基づき記録するものとする。

(令元消防長訓令3・一部改正)

(通信施設の点検)

第7条 通信取扱規程第23条第2項及び第5項に規定する点検については、別表第7及び別表第8に基づき実施するものとし、点検結果を署長へ報告しなければならない。

(無線局の通話試験)

第8条 通信取扱規程第17条に規定する無線局の通話試験は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 活動波の試験は、毎日8時30分より中央消防署から上北消防署、東北消防署の順に行うものとする。

(2) 主運用波及び統制波の試験は、毎週土曜日16時に前号と同様の順で行うものとする。

(3) 通話試験における無線通話の感明度区分は、別表第9に掲げるとおりとする。

(4) 通話試験は、必要により中止又は延期することができるものとする。

(指令伝送試験)

第9条 通信取扱規程第17条に規定する指令伝送試験は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 指令センターと署所で行われる指令伝送試験は、毎日7時00分から行うものとする。

(2) 指令伝送試験は、必要により中止又は延期することができるものとする。

(台帳等)

第10条 通信取扱規程第26条に規定する通信指令設備の台帳及び簿冊等は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 無線局免許状

(2) 無線局の免許申請書の添付書類の写し(再免許の申請書を含む。)

(3) 無線局の変更申請書の添付書類の写し

(4) 無線従事者免許証の写し

(5) 無線機取扱説明書

(6) その他必要に応じた簿冊等

附 則

この要綱は、平成28年11月1日から施行する。

附 則(令和元年消防長訓令第3号)

この訓令は、公布の日から施行し、令和元年5月1日から適用する。

別表第1(第3条関係)

無線通話の原則

項目

通信方法

留意事項

呼出し

1 普通通話呼出し

(1) 自局の識別信号 1回

(2) から 1回

(3) 相手の識別信号 1回

例「○○1から○○○」

他の通信に混信を与えないことを確認する。

他の通信に混信を与えるおそれがあるときは、その通信が終了した後でなければ通信を開始してはならない。

(識別名称)





各局

同一通信系を構成する全ての無線局を呼出す場合


各移動

同一通信系を構成する全ての陸上移動局を呼出す場合

各隊

同一通信系を構成する無線局のうち、災害出動中の全ての陸上移動局及び携帯移動局を呼出す場合

(注)特定地域の全ての陸上移動局及び携帯局を呼出す場合は、当該地域を冠する。

例「○○○から○○町に出動中の各隊」

2 至急通話の呼出し

(1)至急 2回

(2)自局の識別信号 1回

(3)から 1回

(4)相手局の識別信号 1回

特に急を要する場合の呼出し方法である。

既に行われている普通通話に割り込んで行う場合は、通話の切れ目に行わなければならない。

この場合、至急割込を聴守した通話中の無線局は、直ちに送信を中止しなければならない。

3 再呼出し

呼出しを行っても相手局の応答がないときは、10秒以上の間隔をおいてさらに2回呼出しを行い、なお応答がないときは、1分以上経過した後でなければ再呼出しを行ってはならない。ただし、他の通信に混信を与えない場合又は至急通話の送信を行う場合は、この限りではない。

4 呼出しの中止等

(1)混信を与える無線局の識別信号が判明している場合

ア 混信を与える無線局の識別信号 1回

イ しばらく待て 1回

(2)混信を与える無線局の識別信号が不明の場合

ア しばらく待て 1回

例「発信局不明 しばらく待て」

自局の呼び出しが、他のすでに行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちに呼出しを中止しなければならない。

応答

1 基地局が普通通話の呼出しに対して応答する場合

(1)相手局の識別信号 1回

(2)どうぞ 1回

例「○○1 どうぞ」

例「○○1 しばらくまて」

呼出しに対しては、原則として直ちに応答しなければならない。なお、直ちに応答できない場合は、「どうぞ」に代えて「しばらく待て」を送信する。

2 基地局が至急通話の呼出しに対して応答する場合

(1)至急 2回

(2)相手局の識別信号 1回

(3)どうぞ 1回

例「至急 至急○○1 どうぞ」

3 基地局以外の無線局が普通通話の呼出しに対応して応答する場合

(1)自局の識別信号 1回

(2)です 1回

(3)どうぞ 1回

例「○○1です どうぞ」


4 基地局以外の無線局が至急通話の呼出しに対して応答する場合

(1)至急 2回

(2)自局の識別信号1回

(3)です 1回

(4)どうぞ 1回

例「至急 至急○○1です どうぞ」


5 不確実な呼出しに対する応答

(1)自局の識別信号 1回

(2)です 1回

(3)さらに 1回

(4)どうぞ 1回

例「○○1です さらに どうぞ」

1 自局に対する呼出しで、呼出しを行った無線局の識別信号が不明な場合でも、応答するものとする。

2 自局に対する呼出しであることが明らかでない呼出しを聴守したときは、それが反復され、かつ自局に対する呼出しであることが判明するまでは、応答してはならない。

解信

1 解信を求める場合

(1)通信事項

(2)どうぞ

例「○○○ どうぞ」

通信事項について、相手局の解信を求めるときは、通信事項の次に「どうぞ」を送信する。

2 解信を求めない場合

(1)一方送信

(2)通信事項

例「一方通信 ○○○」

通信事項について、相手局の解信を求めないときは、通信事項の前に「一方送信」を冠する。

(1)自局の識別信号 1回

(2)了解 1回

例「○○1 了解」

通信事項を受信し、解信を求められたときは、直ちに解信を行わなければならない。

(注) 複数局の呼出しの場合は、呼出しを受けた順に解信するものとする。

解信の要求

(1)受信局(相手局)の識別信号 1回

(2)了解か 1回

(3)どうぞ 1回

例「○○1了解か どうぞ」

通信事項の送信終了後、解信を要求しても受信局(相手局)が解信しないときは、解信要求を行うものとする。

再送要求

(1)自局の識別信号 1回

(2)です 1回

(3)さらに 1回

(4)どうぞ 1回

例「○○1です さらに どうぞ」

通信事項が不明確な場合は、再送の要求を行うことができる。

通信の終了

(1)以上 1回

(2)自局の識別信号 1回

例「以上○○1」

通信の終了は、呼出しを行った無線局が行うものとする。

無線局の定時試験

(1) 自局の識別信号

(2) ただいま試験中

(3) 本日は晴天なり

(3回繰り返す)

(約10秒で一度切る)

例「○○しょうぼう ただいま試験中 本日は晴天なり(3回) ただいまから○○活動波1による通話試験を行います。各局はメリットをもって応答してください。」

「○○タンク1どうぞ」

「了解 メリット○」

画像

「以上で○○活動波1による通話試験を終了します。(続いて○○活動波2。)

「以上、○○しょうぼう。」

無線機器の試験又は調整のため、電波を発射するときは、左記の要領で行う。

備考

1 受信局は、通信を受信した時は折り返し解信を行わなければならない。

2 基地局側から応答を求められた移動局は、了解の旨の解信を行う。

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

別表第3(第3条関係)

和文通話表

文字

朝日の ア

煙草の タ

マッチの マ

かぎのある ヱ

いろはの イ

ちどりの チ

三笠の ミ

尾張の ヲ

上野の ウ

つるかめの ツ

無線の ム

おしまいの ン

英語の エ

手紙の テ

明治の メ

濁点

大阪の オ

東京の ト

もみじの モ

半濁点

為替の カ

名古屋の ナ

大和の ヤ


切手の キ

日本の ニ

弓矢の ユ

クラブの ク

沼津の ヌ

吉野の ヨ

景色の ケ

ねずみの ネ

ラジオの ラ

子供の コ

野原の ノ

りんごの リ

桜の サ

はがきの ハ

るすいの ル

新聞の シ

飛行機の ヒ

れんげの レ

すずめの ス

富士山の フ

ローマの ロ

世界の セ

平和の ヘ

わらびの ワ

そろばんの ソ

保険の ホ

ゐどの ヰ

数字

一 数字のひと

四 数字のよん

七 数字のなな

0 数字のまる

ニ 数字のに

五 数字のご

八 数字のはち


三 数字のさん

六 数字のろく

九 数字のきゅう

記号

長音

区切点

画像

段落

画像

下向括弧

画像

上向括弧




(注)数字を送信する場合には、誤りを生ずるおそれがないと認めるときは、通常の発音による(例「1500」は「せんごひゃく」とする。)か、又は「数字の」語を省略する(例「1500」は「ひとごまるまる」とする。)ことができる。

使用例は、次による。

1 「ア」は、「朝日のア」と送る。

2 「バ」又は「パ」は、「はがきのハに濁点」又は「はがきのハに半濁点」と送る。

別表第4(第3条関係)

欧文通話表

文字

使用する語

発音

ラテンアルファベットによる英語式の表示

(国際音標文字による表示)

A

ALFA

AL FAH

B

BRAVO

BRAH VOH

C

CHARLIE

CHAR LEE 又はSHAR LEE

D

DELTA

DELL TAH

E

ECHO

ECK OH

F

FOXTROT

FOXS TROT

G

GOLF

GOLF

H

HOTEL

HOH THLL

I

INDIA

IN DEE AH

J

JULIETT

JEW LEE ETT

K

KILO

KEY LOH

L

LIMA

LEE MAH

M

MIKE

MIKE

N

NOVEMBER

NO VEM BER

O

OSCOR

OSS CAH

P

PAPA

PAH PAH

Q

QUEBEC

KEH BECK

R

ROMEO

ROW ME OH

S

SIERRA

SEE AIR RAH

T

TANGO

TANG GO

U

UNIFORM

YOU NEE FORM 又はOO NEE FORM

V

VICTOR

VIK TAH

W

WHISKEY

WISS KEY

X

X―RAY

ECKS REY

Y

YANKEE

YANG KEY

Z

ZULU

ZOO LOO

(注)ラテンアルファベットによる英語式の発音の表示において、下線を付けてある部分は語勢の強いことを示す。

使用例は、次による。

「A」は、「AL FAH」と送る。

別表第5(第4条関係)

無線通信略号表

種別

略号

呼称

放火(放火の疑い含む)

10

イチマル

精神病(精神病の疑い含む)

20

ニイマル

てんかん(てんかんの疑い含む)

30

サンマル

危篤状態

40

ヨンマル

死亡

04

マルヨン

脳卒中(脳疾患の疑い含む)

50

ゴウマル

産婦人科

60

ロクマル

性器関係

70

ナナマル

感染症(疑い含む)

80

ハチマル

感染危険

08

マルハチ

犯罪

90

キュウマル

要警察への通報

100

イチマルマル

暴力(暴力団関係含む)

001

マルマルイチ

酩酊

002

マルマルニ

身障者

((身))

マルシン

覚醒剤

((覚))

マルカク

生活保護

((生))

マルセイ

爆破予告

((爆))

マルバク

加害

((害))

マルガイ

自損

自損(その他含む)

((損))

マルソン

首つり(縊頚)

((損))―1

マルソンノイチ

服毒

((損))―2

マルソンノニ

ガス

((損))―3

マルソンノサン

刃物

((損))―4

マルソンノヨン

指、四肢等断裂事故

((断))

マルダン

公用車の事故

((公))

マルコウ

変死者

((変))

マルヘン

老人世帯

((老))

マルロウ

行方不明者

((不))

マルフ

焼死者

((焼))

マルショウ

事故発生

((事))

マルジ

別表第6(第5条関係)

デジタル無線局の区分

共通波

運用区分及び表記


周波数

統制波

統制波1

FH(下)

274.90625

FL(上)

265.90625

統制波2

FH(下)

274.23125

FL(上)

265.23125

統制波3

FH(下)

274.53125

FL(上)

265.53125

主運用波

主運用波1

FH(下)

274.30625

FL(上)

265.30625

活動波

運用区分及び表記


周波数

中部活動波1

消防波

FH(下)

273.88750

中部活動波2

救急波

FH(下)

274.04375

署活波

署活1


466.4625

署活2


466.475

各墓地局の無線設備

基地局名

種別

統制波

主運用波

活動波1

活動波2

ちゅうぶ しょうぼうほんぶ

ちゅうぶ ひがしこうえん

ちゅうぶ じゅうにさと



ちゅうぶ ふねがさわ




1 「共通波」とは、統制波及び主運用波をいう。

2 「統制波」とは、大規模災害、広域災害等の発生により、国又は、青森県以外の地方公共団体の消防機関と共同して消防活動を行う場合における周波数をいう。

3 「主運用波」とは、大規模災害、広域災害等の発生により、青森県内の消防機関と共同して消防活動を行う場合における周波数をいう。

4 「活動波」及び「署活波」とは、「統制波」「主運用波」以外の周波数で、上十三消防指令センターとの通信及び災害現場で消防活動を行う場合いにおける周波数をいう。

(令元消防長訓令3・全改)

画像

(令元消防長訓令3・全改)

画像画像

別表第9(第8条関係)

無線通話の感明度区分

区分

受信状態

メリット1

音声の途切れが非常に多く、通話内容が全く理解できない。

メリット2

音声の途切れが多く、通話内容が半分程度しか理解できない。

メリット3

音声は途切れるが、通話内容は十分に理解できる。

メリット4

音声が少し途切れるが、通話状態が良好である。

メリット5

通話状態が非常に良好である。

(令元消防長訓令3・全改)

画像

中部上北広域事業組合消防本部消防通信取扱要綱

平成28年11月1日 消防長訓令第3号

(令和元年8月1日施行)