○中部上北広域事業組合不動産評価審議会規程

令和元年12月13日

訓令第3号

(名称)

第1条 この会は、中部上北広域事業組合不動産評価審議会(以下「審議会」という。)と称する。

(目的)

第2条 審議会は、各課廨で取り扱う不動産の適正な評価を図り、もって該当事務の円滑な運営に資することを目的とする。

(構成)

第3条 審議会は、別表に掲げる職にある者をもって組織し、管理者が任命する。

(職務)

第4条 審議会は、各課廨の諮問に応じ、及び必要に応じ不動産の評価を適正に行うために調査審議する。

(会長)

第5条 審議会の会長(以下「会長」という。)は、事務局長とする。

2 会長は、会務を総理する。

3 会長に事故があるときは、事務局次長がその職務を代理する。

4 審議会の会議は、必要に応じて会長が招集する。

(令2訓令2・一部改正)

(提出書類の作成)

第6条 第4条の調査審議に必要な一切の書類は、審議会に諮問した各課廨において作成するものとする。

(庶務)

第7条 審議会の庶務は、事務局庶務課において処理する。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、審議会の運営に必要な事項は、会長が会議に諮って定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年訓令第2号)

この訓令は、公布の日から施行し、令和2年4月1日から適用する。

別表(第3条関係)

(令2訓令2・一部改正)

事務局長、事務局次長、会計管理者、環境衛生管理事務所長、下水道管理センター所長、消防長、学校給食センター所長、教育指導室長、七戸病院事務局長

中部上北広域事業組合不動産評価審議会規程

令和元年12月13日 訓令第3号

(令和2年4月10日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第3編 組織・処務/第1章
沿革情報
令和元年12月13日 訓令第3号
令和2年4月10日 訓令第2号