○旭市自動車管理規程

平成17年7月1日

訓令第20号

(目的)

第1条 この訓令は、市有の自動車を適正に管理し、安全かつ効率的な運行を図ることを目的とする。

(自動車)

第2条 この訓令において「自動車」とは、市の所有に係る道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車及び同条第3項に規定する原動機付自転車で、消防用自動車を除いたものをいう。

(安全運転管理者)

第3条 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3第1項の規定により選任された安全運転管理者は、同法同条第2項に定める業務を行うために必要な指示及び指導をすることができる。

(整備管理者)

第4条 道路運送車両法第50条第1項の規定により選任された整備管理者は、その業務を行うために必要な指導及び監督をすることができる。

(自動車の管理)

第5条 自動車は、その所属する課(局及び支所を含む。以下同じ。)の長(以下「所管課長」という。)が管理する。

(所管課長の職務)

第6条 所管課長は、次の各号に掲げる職務を行わなければならない。

(1) 所管自動車の運行状況を常に把握しておくこと。

(2) 所管自動車の整備に留意し、常に良好に運行できる状態を維持しておくこと。

(3) 旭市自動車運行日誌(第1号様式。以下「運行日誌」という。)を整備保存すること。

(4) 毎月末に運行日誌を安全運転管理者に提出すること。

(使用者の責務)

第7条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 仕業点検を必ず実行し、異常を発見したときは、所管課長に連絡して指示を受けること。

(2) 運行中は、常に関係法令を遵守し、安全運転を心掛けること。

(3) 運行を終了したときは、点検及び清掃を行い、運行日誌に所定の事項を記入し、鍵を所管課長に返納すること。

(事故の報告)

第8条 使用者は、自動車に事故が発生したときは、道路交通法第72条に規定する措置をした後、直ちに所属長及び安全運転管理者に連絡しなければならない。

2 使用者は、前項の処理が終了した後、遅滞なく旭市交通事故報告書(第2号様式)により市長に報告しなければならない。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の旭市自動車管理規程(昭和58年旭市訓令第2号)、庁用自動車等の管理及び運転関係職員の服務等に関する規程(昭和53年海上町訓令第7号)、飯岡町自動車管理規則(昭和42年飯岡町規則第5号)若しくは干潟町役場自動車管理規程(昭和61年干潟町規程第3号)又は解散前の旭市外三町消防組合庁用自動車等の管理及び運転関係職員の服務等に関する規程(昭和58年旭市外三町消防組合訓令第6号)若しくは飯岡町・海上町学校給食組合自動車管理規程(昭和56年飯岡町・海上町学校給食組合訓令第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この訓令の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成19年3月26日訓令第9号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年5月20日訓令第10号)

この訓令は、平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成28年10月17日訓令第11号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成30年3月29日訓令第4号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

旭市自動車管理規程

平成17年7月1日 訓令第20号

(平成30年4月1日施行)