○旭市福祉事務所処務規程

平成17年7月1日

訓令第45号

(趣旨)

第1条 この訓令は、旭市福祉事務所(以下「事務所」という。)の事務処理に関し、別に定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 事務所に次の各号に掲げる職員を置く。

(1) 所長

(2) 査察指導員

(3) 現業を行う職員

(4) 事務を行う職員

(職務)

第3条 所長は、事務所の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 査察指導員は、上司の命を受けて生活保護法(昭和25年法律第144号)等に基づく事務を処理し、現業事務の指導を行う。

3 現業を行う職員及び事務を行う職員は、上司の命を受けて生活保護法等に基づく事務を処理し、又は現業事務を行う。

(準用)

第4条 この訓令に定めるもののほか、事務所の事務処理及び職員の服務については、旭市事務決裁規程(平成17年旭市訓令第7号)旭市文書管理規程(平成17年旭市訓令第9号)及び旭市職員服務規程(平成17年旭市訓令第28号)の規定を準用する。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

旭市福祉事務所処務規程

平成17年7月1日 訓令第45号

(平成17年7月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第1節 通則
沿革情報
平成17年7月1日 訓令第45号