○旭市ねたきり身体障害者及び重度知的障害者介護手当の支給に関する規則

平成17年7月1日

規則第46号

(目的)

第1条 この規則は、在宅のねたきり身体障害者又は重度知的障害者(以下「ねたきり身体障害者等」という。)の介護者に対し、ねたきり身体障害者等介護手当(以下「手当」という。)を支給することにより、介護者の労をねぎらうとともに、ねたきり身体障害者等の福祉の増進に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) ねたきり身体障害者 市内に住所を有し、かつ、在宅においておおむね6月以上常に臥床し、入浴、食事、排便等日常生活のほとんどに介護を要する20歳以上65歳未満の者をいう。

(2) 重度知的障害者 市内に住所を有し、かつ、千葉県が交付する療育手帳において知的障害の程度を重度と判定された20歳以上の在宅者又は知的障害者更生相談所が発行する判定書において知的障害の程度を重度と判定された20歳以上の在宅者をいう。

(3) 介護者 ねたきり身体障害者等の日常生活に必要な介護をしている者をいう。

(支給要件)

第3条 手当の支給を受けることができる介護者は、市内に居住し、ねたきり身体障害者等と同居又はこれに準ずる状態にある者とする。

(支給額)

第4条 手当の支給額は、ねたきり身体障害者等1人につき、月額8,650円とする。

(支給方法)

第5条 手当の支給は、支給決定を受けた日の属する月から受給資格を失った日又は介護保険法(平成9年法律第123号)第18条に規定する保険給付を受けた日(短期入所については、当該年度を通算して8日目の利用日)の前日の属する月までとする。

2 手当は、毎年3月及び9月の2期にそれぞれの月までの分を支給する。

(支給申請)

第6条 手当の支給を受けようとする介護者は、旭市ねたきり身体障害者及び重度知的障害者介護手当支給申請書(第1号様式)に、旭市ねたきり身体障害者及び重度身体障害者介護手当所得状況届(第2号様式。以下「所得状況届」という。)を添えて、市長に申請しなければならない。

(支給可否の決定等)

第7条 市長は、前条の規定による申請を受理したときは、その内容を審査し、支給の可否を決定し、その旨を旭市ねたきり身体障害者及び重度知的障害者介護手当支給可否決定通知書(第3号様式)により、当該申請者に通知する。

(届出の義務)

第8条 手当の支給を受けている介護者(以下「受給者」という。)は、毎年8月12日から9月11日までの間に、その前年の所得の状況について所得状況届により市長に届け出なければならない。

2 受給者は、申請事項に変更を生じたときは、その旨を旭市ねたきり身体障害者及び重度知的障害者介護手当支給申請事項変更届(第4号様式)により、速やかに市長に届け出なければならない。

(支給制限)

第9条 市長は、受給者が次の各号のいずれかに該当するときは、手当を支給しない。

(1) ねたきり身体障害者等が特別児童扶養手当等の支給に関する法律(昭和39年法律第134号)に規定する障害児福祉手当若しくは特別障害者手当又は国民年金法等の一部を改正する法律(昭和60年法律第34号)附則第97条に規定する福祉手当の支給を受けているとき。

(2) 介護保険法第18条に規定する保険給付を受けたとき(当該年度を通算して7日以内の短期入所の利用を除く。)

(3) ねたきり身体障害者等又は受給者若しくはねたきり身体障害者等の生計を維持する扶養義務者(民法(明治29年法律第89号)に定める扶養義務者をいう。)の前年の所得税課税所得金額が、特別障害者手当の所得制限限度額を超えるとき。

2 市長は、受給者が次の各号のいずれかに該当するときは、手当の全部又は一部を支給しないことができる。

(1) この規則に違反したとき。

(2) ねたきり身体障害者等の介護を怠っていると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、手当の支給を受けることが不適当と認められるとき。

(支給決定の取消し等)

第10条 偽りその他不正の手段により手当の支給決定を受け、又は手当の支給を受けた介護者があるときは、市長は、支給の決定を取り消し、又は既に支給した手当の全部若しくは一部を返還させるものとする。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、手当の支給に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市在宅重度知的障害者等福祉手当支給条例施行規則(昭和51年旭市規則第5号)、海上町在宅重度知的障害者及びねたきり身体障害者福祉手当支給要綱(平成12年海上町要綱第66号)、飯岡町ねたきり老人、ねたきり身体障害者等福祉手当支給規則(昭和61年飯岡町規則第6号)又は干潟町在宅重度知的障害者及びねたきり身体障害者福祉手当支給規則(平成13年干潟町規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月9日規則第10号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年8月6日規則第23号)

この規則は、公布の日から施行し、平成24年7月1日から適用する。

附 則(平成29年4月21日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

旭市ねたきり身体障害者及び重度知的障害者介護手当の支給に関する規則

平成17年7月1日 規則第46号

(平成29年4月21日施行)