○海上ふれあいサポートセンターの設置及び管理に関する条例

平成17年7月1日

条例第65号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定により、海上ふれあいサポートセンターの設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市は、市民の介護予防、地域福祉の推進及び健康の増進を図るため、海上ふれあいサポートセンター(以下「ふれあいサポートセンター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 ふれあいサポートセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

海上ふれあいサポートセンター

旭市蛇園3721番地

(管理)

第4条 ふれあいサポートセンターは、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効果的に運用しなければならない。

(事業)

第5条 ふれあいサポートセンターの事業は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 高齢者の介護予防と在宅福祉事業に関すること。

(2) 地域福祉活動及びボランティア活動の推進に関すること。

(3) 住民福祉の向上のため開催される研修、講座等に関すること。

(4) 住民の各種相談事業に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めた事項

(使用者の範囲)

第6条 ふれあいサポートセンターを使用できる者は、本市に住所を有する者及び地域福祉にかかわる団体とする。ただし、市長が認めた場合は、この限りでない。

2 市長は、次の各号に該当するときは、使用の許可をしない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) ふれあいサポートセンターの管理上支障があると認めたとき。

(使用料)

第7条 ふれあいサポートセンターの使用料は、無料とする。

(指定管理者)

第8条 市長は、ふれあいサポートセンターの管理運営上必要と認めるときは、法第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)にふれあいサポートセンターの管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第9条 前条の規定により指定管理者にふれあいサポートセンターの管理を行わせる場合に当該指定管理者が行う業務は、次の各号に掲げる業務とする。この場合において、第6条中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(1) 第5条各号に掲げる事業の実施に関すること。

(2) 第6条に規定する使用の許可に関すること。

(3) ふれあいサポートセンターの施設及び設備の維持管理に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(指定管理者が行う管理の基準)

第10条 指定管理者は、この条例及びこの条例に基づく規則の定めるところに従い、適正にふれあいサポートセンターの管理を行わなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の海上町ふれあいサポートセンターの設置及び管理に関する条例(平成13年海上町条例第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年1月20日条例第6号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

海上ふれあいサポートセンターの設置及び管理に関する条例

平成17年7月1日 条例第65号

(平成18年4月1日施行)