○旭市一時預かり事業実施規則

平成17年7月1日

規則第56号

(目的)

第1条 この規則は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第59条第10号の規定に基づく、一時預かり事業(以下「一時預かり」という。)を実施し、児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(実施保育所)

第2条 一時預かりを実施する保育所(以下「実施保育所」という。)は、別表第1に掲げるとおりとする。

(一時預かりの内容)

第3条 一時預かりの内容は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 保護者の就労形態により、家庭における保育が断続的に困難となる児童に対し、原則として1週間当たり3日を限度として実施する非定型的保育

(2) 保護者の疾病、冠婚葬祭その他の社会的にやむを得ない事由により、緊急又は一時的に保育を必要とする児童に対し、15日を限度として実施する緊急保育

(3) 保護者の私的な事由により保育を必要とする児童に対し、1週間当たり2日を限度として実施する私的理由による保育

2 一時預かりの利用可能人数は、1日当たりおおむね10人とする。

(対象児童)

第4条 一時預かりの対象となる児童(以下「対象児童」という。)は、市内に居住し、かつ、原則として保育所(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条第1項に規定する保育所をいう。)、幼稚園(学校教育法(昭和22年法律第26号)第22条に規定する幼稚園をいう。)、認定こども園(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第2条第6項に規定する認定こども園をいう。)等に通っていない、又は在籍していない満6か月から就学前までの児童とする。

(実施日等)

第5条 一時預かりの実施日は、旭市立保育所条例(平成27年旭市条例第4号。以下「条例」という。)第6条に規定する日を除いた毎週月曜日から土曜日までの各日とする。ただし、土曜日の一時預かりの実施については、旭市立中央第二保育所及び旭市立日の出保育所に限る。

2 一時預かりの実施時間は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 旭市立干潟保育所 午前8時から午後4時まで

(2) 前号に掲げる保育所以外の保育所 午前7時15分から午後6時15分まで

(申込み)

第6条 一時預かりを希望する保護者は、旭市一時預かり事業利用申込書(第1号様式)に市長が必要と認める書類を添付して申し込むものとする。

(利用の承諾)

第7条 市長は、前条の申込みがあった場合は、速やかにその内容を調査し、利用の承諾の可否を旭市一時預かり事業利用承諾(不承諾)通知書(第2号様式)により、申込者に通知するものとする。

(利用承諾の取消し等)

第8条 次の各号のいずれかに該当する場合には、市長は、利用の承諾を取り消すことができる。

(1) 対象児童としての要件を満たさなくなったとき。

(2) やむを得ない事由により、当該児童の保育を継続することが困難と認められたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認めるとき。

2 市長は、前項の規定により利用の承諾を取り消す場合は、旭市一時預かり事業利用承諾取消通知書(第3号様式)により保護者に通知するものとする。

(利用の変更)

第9条 一時預かりの変更を希望する保護者は、旭市一時預かり事業利用日等変更申込書(第4号様式)により、市長に申し込むものとする。

2 市長は、前項の規定による変更の申込みがあったときは、旭市一時預かり事業利用日等変更承諾(不承諾)通知書(第5号様式)により、申込者に通知するものとする。

(利用の辞退)

第10条 一時預かりの利用を辞退しようとする保護者は、旭市一時預かり事業利用辞退届(第6号様式)を市長に提出するものとする。

(児童の健康調査)

第11条 一時預かりのうち第3条第1項第1号に規定する保育を利用する児童については、申込み時に母子手帳及び児童の育成状況により、健康状態を把握するものとする。

2 一時預かりのうち第3条第1項第2号又は第3号に規定する保育を利用する児童については、申込み時に児童の健康状態を十分聴取するものとする。

(児童の処遇)

第12条 児童の処遇については、条例第3条第1項に規定する児童に対する保育に準ずるものとする。

(費用負担)

第13条 保護者は、別表第2に定める一時預かり事業利用料を納入しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯は、無料とする。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、一時預かりの実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市一時保育事業実施規則(平成12年旭市規則第19号)又は飯岡町一時保育事業実施規則(平成17年飯岡町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月11日規則第11号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日規則第9号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年2月9日規則第2号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月27日規則第10号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月26日規則第6号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月2日規則第28号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年11月21日規則第25号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年3月25日規則第5号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

旭市立中央第一保育所

旭市立中央第二保育所

旭市立中央第三保育所

旭市立干潟保育所

旭市立日の出保育所

旭市立とみうら保育所

旭市立ゆたか保育所

旭市立共和保育所

旭市立池の端保育所

旭市立海上保育所

旭市立いいおか保育所

旭市立まんざい保育所

旭市立古城保育所

別表第2(第13条関係)

一時預かり事業利用料

年齢

利用料(1時間当たり)

食事代(1日当たり)

3歳未満児

300円

300円

3歳以上児

200円

250円

備考 この表において「年齢」とは、各年度の4月1日時点での年齢とする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市一時預かり事業実施規則

平成17年7月1日 規則第56号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第3節 児童福祉
沿革情報
平成17年7月1日 規則第56号
平成22年3月11日 規則第11号
平成23年3月30日 規則第9号
平成24年2月9日 規則第2号
平成26年3月27日 規則第10号
平成27年3月26日 規則第6号
平成28年9月2日 規則第28号
平成30年11月21日 規則第25号
令和2年3月25日 規則第5号