○旭市出産祝金支給条例施行規則

平成17年7月1日

規則第61号

(趣旨)

第1条 この規則は、旭市出産祝金支給条例(平成17年旭市条例第71号。以下「条例」という。)により、出産祝金の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(受給資格)

第2条 条例第2条第2項に規定する受給資格を有する者の要件は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 1子以上を既に出産して再婚し、第2子以降を出産したとき。

(2) 条例第4条に定める申請をしないまま転出し、1年以内に再転入したとき。

(3) 母が婚姻によらないで出産した場合で、条例又はこの規則に定める他の受給要件を満たすとき。

2 父母が法令により拘禁されている場合又は死亡している場合は、その子供と生計を同じくしている他の養育者に支給する。

3 前2項の規定にかかわらず、次の各号に掲げるものは、支給の対象としない。

(1) 過去に子供を遺棄したことがある場合

(2) 出産祝金の要件となる第2子以上が養子など出産によらない場合

(3) 受給対象となる子供を前項に規定する場合を除き、父母以外の者が養育する場合

(4) 申請者又はその配偶者が、市税、国民健康保険税又は保育料を滞納している場合

4 日本国籍を有しない者で、市に住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第30条の45に定める外国人住民として記録があり、かつ、条例又はこの規則に定める要件を満たしている場合は、支給の対象とする。

(申請)

第3条 条例第4条の申請は、旭市出産祝金支給申請書(第1号様式)を市長に提出することにより行うものとする。

(審査及び審査結果の通知)

第4条 市長は、前条の規定により申請書の提出を受けたときは、その内容を審査し、祝金の支給の可否を決定する。

2 市長は、前項の規定により祝金の支給の可否を決定したときは、旭市出産祝金支給決定通知書(第2号様式)又は旭市出産祝金支給却下通知書(第3号様式)により申請者に通知するものとする。

(支給状況の整理)

第5条 市長は、出産祝金の支給状況を明らかにするため、必要な帳簿を備え常に整理しておくものとする。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の干潟町出産祝金等支給条例施行規則(平成10年干潟町規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までに、合併前の旭市、海上町、飯岡町又は干潟町に1年以上前から引き続き住民登録を有し、かつ、現に居住している者については、旭市に1年以上前から引き続き住民登録を有し、現に居住している者とみなす。

附 則(平成19年9月28日規則第33号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成24年3月29日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに出生した者に係る出産祝金等については、この規則による改正前の旭市出産祝金等支給条例施行規則は、この規則の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成24年7月6日規則第21号)

この規則は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成28年3月3日規則第3号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月28日規則第13号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

旭市出産祝金支給条例施行規則

平成17年7月1日 規則第61号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第3節 児童福祉
沿革情報
平成17年7月1日 規則第61号
平成19年9月28日 規則第33号
平成24年3月29日 規則第12号
平成24年7月6日 規則第21号
平成28年3月3日 規則第3号
平成28年3月28日 規則第13号