○旭市はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則

平成17年7月1日

規則第65号

(目的)

第1条 この規則は、はり、きゅう、あん摩、マッサージ又は指圧の施設を利用する者に対して施術に要した費用の一部を助成することにより、高齢者の健康保持増進に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 施術 はり、きゅう、あん摩、マッサージ又は指圧による施術をいう。

(2) 施術者 施術を行う者で旭市に施術者として登録しているものをいう。

(3) 施設 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)第9条の2に規定する施術所をいう。

(4) 利用者 この規則により施設を利用する者をいう。

(助成の対象)

第3条 施術に要する費用の助成(以下「助成」という。)を受けることができる者は、市の区域に居住し住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき市の住民基本台帳に記録されている70歳以上の者とする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる各法の適用を受ける施術については、助成の対象としない。

(1) 健康保険法(大正11年法律第70号)

(2) 船員保険法(昭和14年法律第73号)

(3) 私立学校教職員共済法(昭和28年法律第245号)

(4) 国家公務員共済組合法(昭和33年法律第128号)

(5) 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)

(6) 地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)

(7) 生活保護法(昭和25年法律第144号)

(8) 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)

(助成の方法)

第4条 助成は、利用者に旭市はり、きゅう、マッサージ等施設利用券(第1号様式。以下「利用券」という。)を交付し、その使用枚数に基づいて給付金を交付することにより行う。

(助成の限度)

第5条 利用券の交付枚数は、月2枚以内、各年度12枚以内とする。

2 給付金の額は、利用券1枚について1,000円を限度とし、予算の範囲内において別に定める。

(利用券)

第6条 施設を利用しようとする者は、旭市はり、きゅう、マッサージ等施設利用券交付申請書(第2号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、利用券を当該申請者に交付するものとする。

3 利用券は、汚損又は破損による交換のほか、再交付しない。

(施術者の登録)

第7条 施術者としての登録を受けようとする者は、旭市はり、きゅう、マッサージ等施術者登録申請書(第3号様式)次の各号に掲げる書類を添付して市長に提出しなければならない。

(1) はり師、きゅう師又はあん摩マッサージ指圧師の免許証の写し

(2) 施術所開設届済証明書の写し

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、施術者として登録し、旭市はり、きゅう、マッサージ等施術者登録証(第4号様式。以下「登録証」という。)を当該申請者に交付する。

3 施術者は、登録証を利用者の見やすい場所に掲示しなければならない。

4 施術者は、第1項の申請事項に変更があったときは、10日以内にその旨を市長に届け出なければならない。

(利用券の提出)

第8条 施術に要する費用の助成を受けようとする利用者は、施術1回につき利用券1枚を施術者に提出するものとする。

(施術料金)

第9条 利用者は、前条の利用券を提出したときは、施術料金から給付金相当額を差し引いた額を支払うものとする。

(給付金の請求等)

第10条 施術者は、利用者の代理人として給付金の支払を受けることができる。この場合においては、前月において実施した施術について毎月10日までに旭市はり、きゅう、マッサージ等給付金請求書(第5号様式)に利用券を添えて市長に請求しなければならない。

2 市長は、前項の請求を受けたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、当該請求月の末日までに給付金を支払うものとする。

(登録辞退等)

第11条 施術者は、施術者としての登録を辞退しようとするときは、1月前までに旭市はり、きゅう、マッサージ等施術者辞退届(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、施術者がこの規則に違反したと認めるときは、その登録を取り消すことができる。

3 施術者が、第1項の規定により施術者としての登録を辞退し、又は前項の規定により取り消されたときは、速やかに登録証を市長に返還しなければならない。

(給付金等の返還)

第12条 市長は、偽りその他不正の手段により不当に利益を得た者があるときは、その全部又は一部を返還させることができる。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則(昭和60年旭市規則第16号)海上町はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則(平成7年海上町規則第10号)、飯岡町はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則(昭和60年飯岡町規則第10号)又は干潟町はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則(平成9年干潟町規則第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月31日規則第17号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月6日規則第21号)

この規則は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市はり、きゅう、マッサージ等施設利用者助成規則

平成17年7月1日 規則第65号

(平成24年7月9日施行)