○旭市心身障害者扶養年金事業加入者補助金交付要綱

平成17年7月1日

告示第45号

(趣旨)

第1条 市長は、市内に住所を有する心身障害者の福祉の向上を図るため、千葉県心身障害者扶養年金条例(昭和45年千葉県条例第16号。以下「県条例」という。)に基づく千葉県心身障害者扶養年金事業に加入した者(以下「加入者」という。)が納付する納付金に対し千葉県心身障害者扶養年金条例施行規則(昭和45年千葉県規則第21号。以下「県規則」という。)第4条第1項の規定により当該納付金の減額を受けた者に、この要綱の定めるところにより補助金を交付するものとする。

(補助額)

第2条 補助額は、県規則第4条第1項の規定による納付金の減額の額とする。

2 加入者が市内に住所を有しなくなったときは、補助金を交付しない。

(申請)

第3条 補助金の交付を申請しようとする者は、旭市心身障害者扶養年金事業加入者補助金交付申請書(第1号様式)正副2部を市長に提出しなければならない。

(交付の請求)

第4条 補助金の交付を請求しようとする者は、旭市心身障害者扶養年金事業加入者補助金交付請求書(第2号様式)正副2部を市長に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の旭市心身障害者扶養年金事業加入者補助金交付要綱(昭和44年旭市訓令第2号)又は飯岡町心身障害者扶養年金制度加入者補助金交付要綱(昭和54年飯岡町告示第72号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

旭市心身障害者扶養年金事業加入者補助金交付要綱

平成17年7月1日 告示第45号

(平成17年7月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第6節 障害者福祉
沿革情報
平成17年7月1日 告示第45号