○旭市福祉作業所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日

規則第73号

(趣旨)

第1条 この規則は、旭市福祉作業所の設置及び管理に関する条例(平成17年旭市条例第75号。以下「条例」という。)第10条の規定により、旭市福祉作業所(以下「福祉作業所」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 市長は、福祉作業所の管理運営に必要な職員を置くものとする。

(入所定員)

第3条 福祉作業所の入所定員は、おおむね10人とする。

(休業日)

第4条 福祉作業所の休業日は、旭市の休日に関する条例(平成17年旭市条例第2号)第1条第1項各号に定める日とする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、休業日を変更することができる。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特別の事情があると認めるときは、臨時に休業することができる。

(開所時間)

第5条 福祉作業所の開所時間は、午前9時から午後4時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、開所時間を変更することができる。

(入所の基準)

第6条 福祉作業所に入所できる者は、在宅の心身障害者であって、次の各号に該当するものとする。ただし、市長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(1) 障害者の社会的自立に向けて、保護者の協力が得られる者

(2) 身辺処理及び集団生活が可能である者

(3) 感染性疾患がなく、医学的治療及び療養を必要としない者

(入所の手続)

第7条 条例第5条の規定による福祉作業所への入所の許可を受けようとする者又はその保護者(以下「申請者」という。)は、旭市福祉作業所入所申請書(第1号様式)に、次の各号に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 健康診断書

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(入所の決定)

第8条 市長は、前条の規定による申請書を受理したときは、施設への入所の可否を決定し、旭市福祉作業所入所許可(不許可)通知書(第2号様式)により、申請者に通知するものとする。

(退所の手続)

第9条 市長は、条例第6条の規定により福祉作業所に入所している者(以下「入所者」という。)の退所を決定したときは、旭市福祉作業所退所決定通知書(第3号様式)により、当該入所者又はその保護者に通知するものとする。

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第10条 条例第7条の規定により指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に福祉作業所の管理を行わせる場合における第2条第4条及び第5条の規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市福祉作業所の設置及び管理に関する条例施行規則(平成元年旭市規則第20号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月15日規則第8号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月3日規則第3号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

旭市福祉作業所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日 規則第73号

(平成28年4月1日施行)