○旭市福祉カー貸付事業実施要綱

平成17年7月1日

告示第50号

(趣旨)

第1条 この要綱は、旭市在住の心身障害者(児)及び高齢者等の社会参加を促進し、福祉の向上を図るために設置したワゴン車(以下「福祉カー」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理及び運営)

第2条 福祉カーの管理及び運営は、旭市が行う。

(利用対象者)

第3条 福祉カーを利用できる者は、旭市に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 心身障害者(児)及び高齢者並びにその家族

(2) 社会福祉団体及び社会福祉施設

(3) 社会福祉ボランティア

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が適当と認めた者

(貸付料)

第4条 福祉カーの貸付料は、無料とする。ただし、使用した燃料は、利用者が返還時に同量を補給しなければならない。

2 利用者の故意又は重大な過失により、福祉カーを損傷した場合には、当該利用者にその賠償の責めを負わせることができる。

(貸付期間)

第5条 福祉カーの貸付期間は、3日以内とする。ただし、市長が他の利用者の利用を妨げないと認める場合にあっては、この限りでない。

(貸付けの申込み等)

第6条 福祉カーの貸付けを受けようとする者は、あらかじめ旭市福祉カー貸付申込書(第1号様式)により申し込まなければならない。

2 市長は、貸し付けることが適当と認めた場合には、旭市福祉カー貸付証(第2号様式)を交付し、福祉カーを貸し付けることとする。

(貸付台帳の整備)

第7条 市長は、旭市福祉カー貸付台帳(第3号様式)を整備し、常に適正な管理に努めることとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の旭市福祉カー貸付事業実施要綱(平成2年旭市告示第136号)、海上町福祉カー貸付事業要綱(平成2年海上町告示第78号)、飯岡町福祉カー貸付事業実施要綱(平成3年飯岡町告示第5号)又は干潟町福祉カー貸付事業実施要綱(平成3年干潟町要綱第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

旭市福祉カー貸付事業実施要綱

平成17年7月1日 告示第50号

(平成17年7月1日施行)