○旭市電話予約による住民票の写し休日交付実施要綱

平成17年7月1日

告示第61号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市民の利便を図るため、電話予約による住民票の写しの休日交付事務に関し必要な事項を定めるものとする。

(住民票の写しの休日交付)

第2条 旭市の住民基本台帳に記載されている者は、自己又は自己と同一世帯に属する者に係る住民票の写しの交付を電話によって予約し、休日(12月29日から1月3日までの間を除く。以下同じ。)に旭市役所において交付を受けることができる。

(電話予約の受付)

第3条 前条の電話予約は、開庁時間に市民生活課及び支所において受け付けるものとする。

2 前項の電話予約を受け付けたときは、旭市電話予約票(第1号様式)に記入するものとする。

(住民票の写しの作成及び認証)

第4条 住民票の写しは、前条第2項の電話予約票により受付の日に作成し、認証するものとする。

(住民票の写しの交付方法)

第5条 前条の住民票の写しの交付は、電話予約のあった日の直近の休日(連続した休日は、その日を含む。)午前8時30分から午後5時まで市民生活課において日直員が行うものとする。

2 電話予約により住民票の交付を請求した者(以下「申請者」という。)は、旭市住民票請求書(第2号様式)に記入し提出するものとする。

3 日直員は、提出された住民票請求書と電話予約票を照合し、申請者が本人であることを運転免許証、健康保険証等で確認の上交付するものとする。

4 交付するときは、交付手数料を受領し、領収書を交付するものとする。

(住民票の写し休日交付等処理簿の整理)

第6条 日直員は、住民票の写し交付が完了したときは、旭市住民票の写し休日交付処理簿(第3号様式。以下「処理簿」という。)に、交付年月日及び取扱者を記載するものとする。

(未交付の住民票の写しの処理)

第7条 休日に交付を行わなかった住民票の写しは、その休日(連続した休日は、その日を含む。)の翌日に市民生活課において廃棄処分するものとする。

2 住民票の写しを廃棄したときは、処理簿に記入するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の電話予約による住民票の写し休日交付実施要綱(平成4年旭市訓令第5号)又は飯岡町電話予約による住民票の写し休日交付実施要綱(平成5年飯岡町告示第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年5月20日告示第75号)

この告示は、平成23年6月1日から施行する。

画像

画像

画像

旭市電話予約による住民票の写し休日交付実施要綱

平成17年7月1日 告示第61号

(平成23年6月1日施行)