○旭市中小企業資金融資条例

平成17年7月1日

条例第102号

(目的)

第1条 この条例は、中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号。以下「法」という。)及び千葉県信用保証協会(以下「協会」という。)の信用保証に基づき金融機関をして中小企業者に対し、事業資金の貸付けを行うことにより資金の融通を円滑にし、もって中小企業の振興を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 中小企業者 法第2条第1項に規定するもののうち農業協同組合、農業協同組合連合会、水産協同組合を除く法人及び個人で市内に店舗、工場、事業所、営業所等を有するものをいう。

(2) 小規模企業者 前号に規定する者のうち法第2条第3項に規定するものをいう。

(3) 事業資金 中小企業者が事業の経営上必要とする資金であって運転資金及び設備資金をいう。

(4) 小規模事業資金 小規模企業者が事業の経営上必要とする資金であって、協会が行う小口零細企業保証が付された運転資金及び設備資金をいう。

(貸付けの要件)

第3条 本資金の融資を受けようとする中小企業者は、適切な事業計画の下に独立して事業を営む者で、次の各号に掲げる要件を備え、市長の承認を受けたものでなければならない。

(1) 市内の店舗、工場、事務所又は営業所に要する事業資金であること。

(2) 市内で1年以上同一事業を営み、市税の滞納がないこと。

(3) 担保又は連帯保証人のあること。ただし、協会がその必要がないと認めた場合は、この限りでない。

(4) この条例に基づく連帯保証人となっていないこと。

(5) 前各号に掲げるほか、小規模事業資金の融資にあっては、当該資金の融資後において、協会が行う保証が付された融資残高が、2,000万円以下であること。

(貸付限度額)

第4条 貸付限度額は、一の中小企業者につき次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 事業資金

 運転資金 1,000万円

 設備資金 2,000万円

(2) 小規模事業資金

 運転資金 500万円

 設備資金 500万円

(貸付期間)

第5条 貸付期間は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 事業資金

 運転資金 5年以内

 設備資金 10年以内

(2) 小規模事業資金

 運転資金 5年以内

 設備資金 7年以内

(連帯保証人)

第6条 第3条第3号に規定する連帯保証人は、次の各号に掲げる要件を備える者でなければならない。

(1) 市内に1年以上居住し、独立の生計を営み、連帯して債務を弁済し得る能力を有し、かつ、市税の滞納がないこと。ただし、住所要件について特に市長が認めたときは、この限りでない。

(2) 本資金の貸付けを受けていないこと。

(3) この条例に基づく連帯保証人となっていないこと。

(返済)

第7条 貸付金の返済方法は、月賦返済とする。ただし、市長が特別の理由があると認めた場合は、一時返済とすることができる。

(取扱金融機関)

第8条 本資金の取扱金融機関は、規則で定める。

(損失の補償)

第9条 この条例に基づく融資について、債務者が返済金の一部又は全部について返済不能となった場合は、市は、協会が代位弁済をした額のうち、法第3条に規定する普通保険に係るものにあっては100分の20以内、法第3条の2に規定する無担保保険及び法第3条の3に規定する特別小口保険に係るものにあっては100分の15以内に相当する額を補償するものとする。

(補償の請求)

第10条 協会が前条の規定による補償を受けようとするときは、代位弁済をしたものにつき必要書類を添えて市長に請求しなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、この条例の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の旭市中小企業資金融資条例(昭和42年旭市条例第11号)又は飯岡町中小企業資金融資条例(昭和53年飯岡町条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月23日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 この条例による改正後の旭市中小企業資金融資条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の申請について適用し、施行日前の申請については、なお従前の例による。

附 則(平成19年10月1日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに借入申請がなされた特別小口資金の融資については、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月28日条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに借入申請がなされた小規模事業資金の融資については、なお従前の例による。

旭市中小企業資金融資条例

平成17年7月1日 条例第102号

(平成30年4月1日施行)