○旭市中小企業融資資金利子補給条例

平成17年7月1日

条例第103号

(目的)

第1条 この条例は、旭市中小企業資金融資条例(平成17年旭市条例第102号。以下「融資条例」という。)の規定に基づき、中小企業者に融資した貸付金に対し、その利子の補給を行い、中小企業の育成振興を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、中小企業者とは、融資条例第2条に規定するものをいう。

(利子補給)

第3条 市長は、中小企業者に融資した貸付金に対し、利子の一部を補給する。ただし、次の各号に該当する場合は、利子補給は行わない。

(1) 融資条例第3条各号の要件を欠くに至った場合

(2) 借入期間の経過した場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が利子補給を行うことが適当でないと認める場合

(補給金)

第4条 利子補給金の額は、貸付金について貸付けの日から返済の日までの期間の融資額に応じ年2.5パーセント以内の割合を乗じて計算した金額に相当する額とする。

(申請)

第5条 利子補給金の交付を受けようとする者は、融資条例第8条に規定する取扱金融機関を経て市長に申請しなければならない。

(決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、正当であることを確認したときは、補給する金額を決定する。

(交付)

第7条 市長は、前条により補給する金額を決定したときは、申請者に対し、利子補給金を交付するものとする。

(補給金の返還)

第8条 市長は、前条の規定により利子補給金の交付を受けた者がこの条例若しくは融資条例又はこれらの条例に基づいて制定された規則に違反するものと認めたときは、利子補給金の全部又は一部を返還させるものとする。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の旭市中小企業融資資金利子補給条例(昭和42年旭市条例第12号)、海上町中小企業振興資金利子補給金交付要綱(平成8年海上町告示第21号)、飯岡町中小企業振興資金利子補給金交付要綱(平成6年飯岡町告示第4号)、飯岡町中小企業育成資金利子補給要綱(昭和53年飯岡町要綱第1号)又は干潟町商工業近代化資金利子補給条例(昭和46年干潟町条例第302号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

旭市中小企業融資資金利子補給条例

平成17年7月1日 条例第103号

(平成17年7月1日施行)

体系情報
第9編 経済/第1章 商工、観光
沿革情報
平成17年7月1日 条例第103号