○旭市農業委員会事務局規程

平成17年7月1日

農業委員会告示第1号

(設置)

第1条 旭市農業委員会(以下「農業委員会」という。)の事務を処理するため事務局を設置する。

(職制)

第2条 事務局に事務局長及びその他の職員を置く。

2 事務局に必要に応じ事務局次長、副主幹、主査及び副主査を置くことができる。

3 事務局の職員の定数は、旭市職員定数条例(平成17年旭市条例第16号)の定めるところによる。

(職務)

第3条 事務局長は、会長の命を受けて農業委員会の事務を掌握し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局次長は、事務局長を補佐し、職員の担任する事務を監督し、事務局長に事故があるときは、これを代理する。

(班の設置)

第4条 事務局の事務を分掌するため農地庶務班を置く。

2 班員の配置及び事務分担は、事務局長が会長の同意を得てこれを定める。

(事務分掌)

第5条 農地庶務班の事務分掌は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 農地の移動調整及び転用に関すること。

(2) 農地の登記に関すること。

(3) 農地に関する訴訟、訴願、陳情及び嘆願に関すること。

(4) 和解仲介に関すること。

(5) 標準賃金、賃耕料及び小作料に関すること。

(6) 小作地及び採草放牧地の所有状況調査に関すること。

(7) 国有農地の管理に関すること。

(8) 農地の諸証明書に関すること。

(9) 農地等の統計に関すること。

(10) 農地等として利用すべき土地の農業上の利用の確保に関すること。

(11) 職員の人事に関すること。

(12) 公印に関すること。

(13) 文書の収受発送及び整理保存に関すること。

(14) 農業委員会の会議に関すること。

(15) 議案及び会議録の調製並びに整理保存に関すること。

(16) 農業委員会の予算及び決算に関すること。

(17) 委員の報酬その他給与に関すること。

(18) 農地基本台帳の作成及び地図の整備に関すること。

(19) 農地等の利用の最適化の推進に関すること。

(20) 農業者年金に関すること。

(21) その他農業振興に関すること。

(22) その他法令により農業委員会の権限に属する事項に関すること。

(事務処理)

第6条 事務の処理は、次条に定めるもののほか、すべて事務局長を経て会長の決裁を受けなければならない。

2 会長に事故があるときは、会長職務代理者がその事務を代理する。

(専決)

第7条 事務局長は、次の各号に掲げる事項についてこれを専決することができる。

(1) 所属職員の超過勤務命令に関すること。

(2) 引き続き6日を超えない年次有給休暇、欠勤及び遅刻早退に関すること。

(3) 職員の旅行及び復命に関すること。

(4) 文書の保管に関すること。

(5) 公印の管理に関すること。

(6) 資金計画に関すること。

(7) 広報掲載原稿に関すること。

(8) 軽易な文書の収受及び発送並びに証明、照会及び回答に関すること。

(公示)

第8条 農業委員会の行う公示は、旭市公告式条例(平成17年旭市条例第3号)の例により行う。

(公印)

第9条 旭市農業委員会、会長及び会長職務代理者の公印は、次のとおりとする。

名称

ひな形

書体

寸法ミリメートル

使用区分

管守者

個数

旭市農業委員会印

1

古印体

方30

農業委員会名をもって処理する文書

事務局長

1

旭市農業委員会長印

2

方24

農業委員会長名をもって処理する文書

1

旭市農業委員会長印証明専用

3

方24

農業委員会長名をもってする証明

 

3

旭市農業委員会長職務代理者印

4

方24

農業委員会職務代理者名をもって処理する文書

事務局長

1

1

画像

2

画像

3

画像

4

画像

 

第10条 この規程に定めるもののほか、職員の服務については旭市職員服務規程(平成17年旭市訓令第28号)、文書処理については旭市文書管理規程(平成17年旭市訓令第9号)の例による。

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この規程は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成29年7月18日農委告示第3号)

この告示は、公示の日から施行する。

旭市農業委員会事務局規程

平成17年7月1日 農業委員会告示第1号

(平成29年7月18日施行)

体系情報
第9編 経済/第3章 農林畜産
沿革情報
平成17年7月1日 農業委員会告示第1号
平成29年7月18日 農業委員会告示第3号