○旭市農業用用排水路改修事業補助金交付要綱

平成17年7月1日

告示第85号

(趣旨)

第1条 市長は、農業生産基盤の整備を図るため、農業用用排水路改修事業に要する経費に対し、予算の範囲内において旭市補助金等交付規則(平成17年旭市規則第37号。以下「規則」という。)及びこの要綱に基づき農業者団体に対し補助金を交付する。

(補助対象事業及び補助率等)

第2条 補助の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、工作物の改修及び掘削であって、土地改良区(土地改良法(昭和24年法律第195号)に基づく土地改良事業を実施することを目的として同法に基づいて設立された法人をいう。以下同じ。)が承認したもの又は土地改良区が実施する土地改良事業の受益地以外の地域で市長が適当と認めたものとする。

2 補助対象事業の補助率は、当該補助対象事業に係る事業費の20パーセント以内とし、補助金の限度額は、100万円とする。

(申請)

第3条 規則第4条の規定により補助金の交付を申請する場合は、旭市農業用用排水路改修事業補助金交付申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(交付の条件)

第4条 規則第6条第1項に規定する必要な条件は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 事業内容の変更をしようとする場合は、市長の承認を受けること。

(2) 事業を中止し、又は廃止しようとする場合は、市長の承認を受けること。

(承認の手続)

第5条 規則第9条第1項の規定により市長の承認を受けようとする場合は、旭市農業用用排水路改修事業変更(中止・廃止)承認申請書(第2号様式)を市長に提出しなければならない。

(実績報告)

第6条 規則第12条の規定により実績報告をしようとする場合は、旭市農業用用排水路改修事業実績報告書(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

(交付の請求)

第7条 規則第15条の規定により補助金の交付を請求しようとする場合は、旭市農業用用排水路改修事業補助金交付請求書(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の農業用用排水路改修事業補助金交付要綱(昭和59年旭市告示第22号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成30年3月26日告示第39号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

旭市農業用用排水路改修事業補助金交付要綱

平成17年7月1日 告示第85号

(平成30年4月1日施行)