○旭市消防職員の消防法に基づく立入検査の証票を定める規則

平成17年7月1日

規則第130号

(趣旨)

第1条 この規則は、旭市消防職員(以下「職員」という。)に貸与する消防法(昭和23年法律第186号。以下「法」という。)に基づく立入検査の証票(以下「立入検査証」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(立入検査証の制式)

第2条 立入検査証の制式は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 用紙は、恒久用紙とする。

(2) 形状、寸法等は、別記様式のとおりとする。

(立入検査証の取扱い)

第3条 立入検査証は、慎重かつ適正に使用し、みだりにこれを提示し、又はこれによって職権が濫用されることがあってはならない。

2 職員は、立入検査証を窃取され、又は亡失し、若しくは損傷することのないようにしなければならない。

3 立入検査証を窃取され、又は亡失し、若しくは損傷した場合は、職員は直ちにその旨を所属長に報告し、立入検査証の再交付申請書を提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、解散前の消防法に基づく立入検査の証票を定める規則(昭和45年旭市外三町消防組合規則第15号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

旭市消防職員の消防法に基づく立入検査の証票を定める規則

平成17年7月1日 規則第130号

(平成17年7月1日施行)

体系情報
第11編 防災、消防/第2章 消防/第1節 消防本部・消防署
沿革情報
平成17年7月1日 規則第130号