○旭市消防職員昇任試験実施要綱

平成17年7月1日

消防本部訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、旭市消防職員の実力の向上及び昇任の適正を図るため、昇任試験の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(試験の実施)

第2条 昇任試験は、旭市消防吏員の階級を定める規則(平成17年旭市規則第126号)に規定された階級のうち消防司令、消防司令補、消防士長及び消防副士長の各階級に昇任させようとする場合で、消防長が必要と認めたとき実施するものとする。

(受験資格)

第3条 昇任試験の受験資格を有する者は、試験実施日の翌年度の4月1日において次の各号に掲げる勤務実績を有し、かつ、試験実施日前1年以内に戒告以上の懲戒処分を受けたことのない者とする。

(1) 消防司令昇任試験 消防司令補として満7年以上の勤務実績を有する者で、かつ、中隊長又は主査の職務の経験を有するもの

(2) 消防司令補昇任試験 消防士長として満5年以上の勤務実績を有する者

(3) 消防士長昇任試験 消防副士長として満5年以上の勤務実績を有する者。ただし、大学卒業者は3年以上、短期大学卒業者は4年以上とする。

(4) 消防副士長昇任試験 消防士として満5年以上の勤務実績を有する者。ただし、大学卒業者は3年以上、短期大学卒業者は4年以上とする。

2 前項の規定にかかわらず、消防長が特に認めた場合は、前項各号に掲げる期間を短縮することができる。

(受験申請)

第4条 前条の規定による受験資格を満たし、昇任試験を受けようとする者は、昇任試験受験申請書(第1号様式)により申請するものとする。

(試験)

第5条 消防司令、消防司令補、消防士長及び消防副士長昇任試験は、次の各号により行うものとする。ただし、消防長が特に認めた場合は、この基準によらないことができる。

(1) 消防司令昇任試験は、次によるものとする。

 筆記考査(論文)、管理、警防、予防、救急の部門から1問選択

 警防、救急、予防、機械の4科目についての記述式筆記試験

(2) 消防司令補及び消防士長昇任試験は、千葉県消防長会に委託して行う試験とする。

(3) 消防副士長昇任試験は、次によるものとする。

 筆記考査(論文)

 消防法規及び一般教養の択一式筆記試験

(試験合格基準)

第6条 試験合否の判定は、前条に定める試験の結果に評定を加え、70点以上の者を合格者とする。ただし、消防長が特に認めた場合は、この基準によらないことができる。

2 前項の評定は、別に定める様式により、平素における勤務成績、指導能力、人物及び経歴のほか健康状態について行うものとする。

(昇任候補者)

第7条 前条により、合格者を決定したときは、昇任候補者名簿(第2号様式)に登録し、その旨を本人に通知するものとする。

2 前項の昇任候補者としての有効期間は、登録後1年とする。

(昇任)

第8条 昇任は、昇任候補者名簿に登録された者の中から消防長が行うものとする。

(特例昇任)

第9条 前各条の規定にかかわらず特例により昇任させる場合は、別表の基準により行うものとする。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、解散前の旭市外三町消防組合消防職員昇任試験実施要綱(昭和54年旭市外三町消防組合訓令第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年7月20日消本訓令第3号)

この訓令は、平成19年7月20日から施行する。

別表(第9条関係)

特例昇任の基準

区分

昇任させる階級

勤続年数

勤務成績

功労特に抜群であって、真に他の模範と認められる者の危篤又は退職の場合

2階級上位の階級

ただし、消防士にあっては消防司令補

問わない

問わない

功労顕著なものの危篤又は退職の場合

1階級上位の階級

ただし、消防士にあっては消防士長

問わない

公務上の負傷による者

危篤又は退職の場合

1階級上位の階級

ただし、消防士にあっては消防士長

問わない

身の危険を顧みず積極的に職務を遂行して負傷したもので、長期の療養を必要とし、かつ心身に障害が残ると認められる者

消防士長

消防士又は消防副士長であって、勤続10年以上

消防司令補

消防士長であって、勤続15年以上(うち、現階級3年以上)

消防司令

消防司令補であって、勤続20年以上(うち、現階級5年以上)

その他

危篤の場合

消防士長

消防士又は消防副士長であって、勤続15年以上

勤務成績が優良な者

1階級上位の階級

消防士長以上であって勤続15年以上(うち、現階級1年以上)

退職の場合

消防士長

消防士又は消防副士長であって、勤続15年以上

1階級上位の階級

消防士長、消防司令補又は消防司令であって勤続20年以上(うち、現階級5年以上)

画像

画像

旭市消防職員昇任試験実施要綱

平成17年7月1日 消防本部訓令第4号

(平成19年7月20日施行)

体系情報
第11編 防災、消防/第2章 消防/第1節 消防本部・消防署
沿革情報
平成17年7月1日 消防本部訓令第4号
平成19年7月20日 消防本部訓令第3号