○旭市消防本部庁用自動車等の管理及び運転関係職員の服務等に関する規程

平成17年7月1日

消防本部訓令第6号

(趣旨)

第1条 この訓令は、庁用自動車の管理(物品管理及び運行管理)及び運転関係職員の服務等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 庁用自動車等 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項及び第3項に規定する自動車又は原動機付自転車(以下「自動車等」という。)で市の所有するものをいう。

(2) 自動車等管理者 署長、課長(不在の場合は、補佐する職にある者)及び分署長の職にある者

(3) 運行管理者 前号に規定する自動車等管理者をいう。ただし、必要があるときは、当該課長等は、総務課長と協議して、所属の職員中上席の者に対して文書をもって運行管理者を命ずることができるものとする。

(4) 運転職員 庁用自動車等の運転に当たる次の職員を総称していうものとする。

 専務運転職員 消防長から機関員として辞令を受けているもの

 臨時運転職員 専務運転職員が職務に従事できない場合、また事務上やむを得ない都合により臨時に運転を命ぜられた者

(5) 事故 道路運送車両法及び道路交通法(昭和35年法律第105号)に違反して処分を受けた場合その他庁用自動車等の運行に関して、人の死傷若しくは物の損壊があった場合又は庁用自動車等について、盗難、亡失若しくは損傷があった場合をいう。

(準用)

第3条 運行管理者がやむを得ず市の所有に属さない自動車等を所属の職員に運転させる次の各号に掲げる場合には、この訓令に準じて取り扱うものとする。

(1) 民間自動車等を借り上げ、所属の職員に運転させる場合

(2) 所属の職員の所有する自動車等を本人の承諾を得て当該職員又は他の職員に運転させる場合

(3) 所属の職員が自己の所有する自動車等を自らの処理する事務のため使用することを特に認めた場合

2 前項の取扱いがなされる場合は、私用車公用車承認申請書(第1号様式)により消防長の承認を受けなければならない。

(整備管理者等)

第4条 道路運送車両法に規定する整備管理者及び道路交通法に規定する安全運転管理者については、消防長が指定するものとする。

(自動車等管理者の職務)

第5条 自動車等管理者は、次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 使用中の自動車等の管理に関すること。

(2) 庁用自動車等の運転職員が行う使用中の庁用自動車等の保管に関する事務の指導監督に関すること。

(3) 事故が発生した場合の報告及び事故を起こした職員が行う庁用自動車等事故報告の経由に関すること。

(管理の原則)

第6条 庁用自動車等は、良好な状態で、その機能が十分発揮できるよう常に整備し、効率的な使用をするよう努めなければならない。

(整備計画)

第7条 自動車等管理者は、計画的に庁用自動車等の整備を図らなければならない。

(修理の監督)

第8条 自動車等管理者は、庁用自動車等を修理のため修理工場に引き渡したとき、又はその修理が完了したときは、運転職員及びその他の関係職員を立ち合わせる等の方法により修理の監督を行わなければならない。

(鍵の保管)

第9条 庁用自動車等の鍵は、各所属において保管するものとする。

(使用制限)

第10条 庁用自動車等の使用は、公務を行うために必要があると運行管理者が認めた場合に限るものとする。

(運行管理者の職務)

第11条 運行管理者は、庁用自動車等について、次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 運転職員の服務に関すること。

(2) 庁用自動車等の配車の指示に関すること。

(3) 運転職員が日々行う点検及び整備の監督に関すること。

(4) 道路交通法に規定する「車両等の運転者を雇用する者(雇用者)」の義務の履行に関すること。

(5) 庁用自動車等の附属品及び修理用具の管理に関すること。

(6) 運転日誌の検閲に関すること。

(7) 事故が発生した場合の応急措置に関すること及び自動車等管理者が別にあるときは、自動車等管理者に対する事故の報告に関すること。

(運行管理者の心得)

第12条 運行管理者及び使用職員は、運転職員が過労、病気その他の理由により正常な運転ができないおそれがあると認められるときは、これに運転を下命し、又は使用してはならない。また、運転職員が、第15条に規定する運転職員の遵守しなければならない事項に違反する運転をするとき、又はしようとするときは、これを制止し、又は注意しなければならない。

(保管)

第13条 運転職員は、庁用自動車等について保管の任に当たらなければならない。

(点検整備)

第14条 運転職員は、庁用自動車等について日々の点検及び整備を行わなければならない。

2 前項の規定により点検整備を行うに当たっては、次の各号に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) 庁用自動車等は、所定の車庫以外の場所に格納する必要があるときは、あらかじめ自動車等管理者の承認を得て、別の場所に格納することができるものとする(以下これらの格納場所を「車庫等」という。)

(2) 車庫等は、火災及び盗難等が発生しないように十分留意すること。

(3) 使用中の燃料については、常に正確にその量を把握し、使用の適正を期すること。

(4) 運転職員は、庁用自動車等の修理又は部品の購入を必要とするときは、自動車管理者にその修理又は購入について申請すること。

(運転上の注意)

第15条 運転職員は、次の各号に掲げる事項を遵守して運転に当たらなければならない。

(1) 運行管理者の命令又は承認を得ないで庁用自動車等を運行し、又は使用しないこと。

(2) 交通関係法規の研究に努め、運転職員の義務に精通し、事故防止及び法規に違反しない運転に最善を尽くすこと。

(3) 運転開始前に、運転する庁用自動車等の各種装置の整備状況を確認すること。

(運転報告)

第16条 庁用自動車等を運転したときは、運転職員は、機関日誌(第2号様式から第4号様式まで)及び運転日誌(第5号様式)に所要事項を記載し、運行管理者にこれを提出し、決裁を受けなければならない。

(事故報告)

第17条 運転職員は、事故を起こした場合は、道路交通法に規定する交通事故の場合の措置及び必要とされる適宜な措置を講ずるとともに、運行管理者にその状況を速報し、応急の措置を了した後、速やかに庁用・自家用自動車等事故報告書(第6号様式)を自動車等管理者を経由して消防長に提出しなければならない。

(私的事故の報告)

第18条 庁用自動車等の以外の自動車等(以下この条において「自家用自動車等」という。)を公務外において運転し、事故を起こした場合は、道路交通法に規定する交通事故の場合の措置その他必要とされる措置を講ずるとともに、所属長にその状況を速報し、応急の措置を終了した後速やかに庁用・自家用自動車等事故報告書(第6号様式)を所属長を経由して消防長に提出しなければならない。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市消防本部庁用自動車等の管理及び運転関係職員の服務等に関する規程

平成17年7月1日 消防本部訓令第6号

(平成17年7月1日施行)