○旭市消防本部消防職員委員会の運営に関する規程

平成17年7月1日

消防本部訓令第19号

(趣旨)

第1条 この訓令は、旭市消防本部消防職員委員会に関する規則(平成17年旭市規則第131号)第11条の規定により、消防職員委員会(以下「委員会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員長及び委員の指名等)

第2条 委員長及び委員の指名は、辞令を交付して行うものとする。

2 消防職員による委員の推薦は、当該組織区分に所属する消防職員の話合いによって行うものとする。

3 推薦する委員については、消防長に委員推薦書(第1号様式)により報告するものとする。

(意見取りまとめ者の指名等)

第3条 意見取りまとめ者の指名は、消防長が辞令を発することにより行う。

2 消防職員による意見取りまとめ者の推薦は、消防職員の話合いによって行うものとする。

3 推薦する意見取りまとめ者については、消防長に意見取りまとめ者推薦書(第2号様式)により報告するものとする。

(消防職員の意見提出)

第4条 消防職員の消防組織法(昭和22年法律第226号。以下「法」という。)第17条第1項各号に掲げる事項に関しての意見提出については、消防職員の意見提出通知(第3号様式)により行うものとする。

2 意見は、所属及び職氏名を明記の上、会議を開く日の4週間前までに庶務を所掌する消防本部総務課(以下「総務課」という。)を通じて提出するものとする。

3 総務課においては、提出された意見が法第17条第1項各号に該当するか否かを審査してその結果を消防長に報告するとともに、委員会審議事項審査結果通知書(第4号様式)により、意見を提出した消防職員及び意見取りまとめ者に通知するものとする。

4 意見提出職員の職氏名は、委員会の円滑な運営を図るため、これを公表しないものとする。

(委員会の会議及び議事等)

第5条 委員長は、委員会の招集を委員会開催通知(第5号様式)及び委員会審議の対象となる意見の概要(第5号様式の2)により行うものとする。

2 委員会の会議は、委員長、委員及び庶務担当職員で行い、代理出席はできない。

3 委員が委員会に出席できないときは、委員長に委員会欠席届(第6号様式)により届け出るものとする。

4 委員会は、あらかじめ委員長が定めた審議時間の範囲内に審議を終えるよう効率的な審議に努め、継続審議の取扱いはしないものとする。

5 委員長は、委員会における議事の概要を委員会の議事概要記録(第7号様式)により記録するものとする。

(委員会の意見)

第6条 委員会は、消防職員から提出された意見についての審議の結果を、次の各号の区分に分類して委員会の意見とする。

(1) 実施することが適当である。

(2) 諸課題を検討する必要がある。

(3) 実施は困難と考える。

(4) 現行どおりでよい。

2 前項の委員会の意見は、委員会の意見(第8号様式)及び委員会の意見(2)(第8号様式の2)によって、消防長に提出するものとする。

(消防長の処置)

第7条 消防長は、委員会の趣旨を尊重して、処置するように努め、処置の結果の要旨を消防長の処置(第9号様式)及び第9号様式の2によって、消防職員に周知するものとする。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成18年2月21日消本訓令第1号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成18年7月27日消本訓令第2号)

この訓令は、公示の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市消防本部消防職員委員会の運営に関する規程

平成17年7月1日 消防本部訓令第19号

(平成18年7月27日施行)