○旭市消防団規則

平成17年7月1日

規則第132号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項並びに旭市消防団条例(平成17年旭市条例第129号。以下「条例」という。)第8条及び第16条の規定により、旭市消防団(以下「消防団」という。)の組織及び消防団員の階級、訓練、服制等並びに条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 消防団に、団本部(以下「本部」という。)及び中隊を置く。

2 中隊に分団を置く。

3 分団に部を置く。

4 団本部は、旭市消防本部内に置く。

(消防団員の種別)

第2条の2 消防団員は、基本消防団員及び機能別消防団員とする。

2 基本消防団員は、機能別消防団員以外のすべての消防団員をいう。

3 機能別消防団員は、基本消防団員の確保及び活動が一部困難な現状にかんがみ、分団管轄区域の災害出動その他団長が必要と認める活動を行うため任命された消防団員をいう。

(階級)

第2条の3 消防団員の階級は、団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長及び団員とする。

(本部)

第3条 本部に、団長、筆頭副団長、副団長及び本部部長を置く。

2 団長は、消防団の事務を統括し、消防団員を指揮監督する。

3 筆頭副団長は、次項に規定する副団長のうちから団長が別に定めるものとし、団長に事故あるとき又は団長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 副団長は、団長を補佐するものとする。

5 本部部長は、消防団本部事務を掌理する。

6 団長、副団長及び本部部長の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(中隊、分団及び部)

第4条 中隊に中隊長及び副中隊長を、分団に分団長及び副分団長を、部に部長、班長、団員及び機能別団員を置く。

2 中隊長は、上司の命を受け中隊の事務を掌理し、所属分団を指揮監督する。

3 副中隊長は、中隊長を補佐し、中隊長に事故があるとき又は中隊長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 分団長は、上司の命を受け分団の事務を掌理し、所属団員を指揮監督する。

5 副分団長は、分団長を補佐し、分団長に事故があるとき又は分団長が欠けたときは、その職務を代理する。

6 部長、班長、団員及び機能別団員は、上司の命を受け分担事務を処理する。

7 中隊長、副中隊長、分団長、副分団長、部長、班長、団員及び機能別団員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(組織区分及び配置並びに管轄区域)

第5条 消防団の組織区分及び消防団員の配置並びに管轄区域は、別表第1のとおりとする。

2 団長は、特に必要と認めたときは、別表第1に定める消防団員(団員の階級にある者に限る。)の数を条例第3条に規定する定員の範囲内で増減できるものとする。

(宣誓)

第6条 消防団員は、その任命後、宣誓書(別記様式)に署名しなければならない。

(退職)

第7条 消防団員は、退職しようとする場合は、あらかじめ文書をもって任命権者に願い出て、その許可を受けなければならない。

(分限及び懲戒の手続)

第8条 団長は、条例第6条第1項第2号の規定に該当するものとして降任又は免職する場合には、医師2人を指定してあらかじめ診断を行わせなければならない。

2 消防団員の降任、停職又は免職の処分は、その旨を記載した書面を当該消防団員に交付して行わなければならない。

(災害出動)

第9条 消防車が水火災その他の災害現場(以下「災害現場」という。)に出動するときは、道路交通法(昭和35年法律第105号)その他の法令に従うとともに、正当な交通を維持するために警戒信号としてサイレンを用いるものとする。ただし、引揚げの場合の警戒信号は、鐘又は警笛に限るものとする。

第10条 災害出動する場合に消防車に乗車する責任者は、次の各号に掲げる事項を厳守しなければならない。

(1) 機関担当員の隣席に乗車すること。

(2) 病院、学校又は劇場の前を通過するときは、事故を防止する警戒信号を用いること。

(3) 消防団員又は消防職員以外は、消防車に乗車させないこと。

(4) 消防車は、1列縦隊で安全を保って走行すること。

(5) 前行消防車の追越信号のある場合のほか、走行中他の消防車の追越しはしないこと。

第11条 消防団は、消防長又は消防署長の命令を受けずに市の区域外の災害現場に出動してはならない。ただし、相互応援協定の締結してある市町村へ応援出動するときは、この限りでない。

(消火、水防等の活動)

第12条 災害現場に到着した消防団は、設備、機械器具及び資材を最高度に活用して生命、身体及び財産の救護に当たり、損害を最少限度にとどめて水火災の防ぎょ及び鎮圧に努めなければならない。

第13条 消防団が災害現場に出動した場合は、次の各号に掲げる事項を遵守し、又は留意しなければならない。

(1) 団長の指揮の下に行動すること。

(2) 放水口数は、最大限に使用し、消火作業の効果を収めるとともに、火災の損害及び濡損を最少限度にとどめること。

第14条 災害現場において死体を発見したときは、責任者は、消防長に報告するとともに、警察官又は検視員が到着するまでその現場を保存しなければならない。

第15条 責任者は、放火の疑いがある場合は、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。

(1) 直ちに消防長及び警察官に通報すること。

(2) 現場保存に努めること。

(3) 事件は、慎重に取り扱うとともに、公表は差し控えること。

(文書簿冊)

第16条 消防団には、次の各号に掲げる文書簿冊を備え、常にこれを整理しておかなければならない。

(1) 消防団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 日誌

(4) 設備資材台帳

(5) 区域内全図

(6) 地理、水利要覧

(7) 金銭出納簿

(8) 手当受払簿

(9) 給与品貸与品台帳

(10) 諸金達簿

(11) 消防法規例規つづり

(12) 雑書つづり

(教養及び訓練)

第17条 消防団員は、品位の向上及び消防技能の錬成に努め、定期的にこれらの訓練を行わなければならない。

(表彰等)

第18条 市長は、消防団又は消防団員がその任務遂行に当たって、その功労が特に抜群である場合は、これを表彰することができる。

2 前項の場合において、消防団員を表彰する場合は、団長が表彰することができる。

第19条 前条の表彰は、賞詞又は賞状とする。

2 賞詞は、消防団員として功労があると認められる者に対して授与し、賞状は、消防職務遂行上著しい業績があると認められる分団に対して授与する。

第20条 市長は、次の各号に掲げる事項について功労があると認められる者又は団体に対して、感謝状を授与することができる。

(1) 水火災の予防又は鎮圧

(2) 消防施設強化拡充についての協力

(3) 水火災現場における人命救助

(4) 火災その他の災害時における消防団に対する協力

第21条 削除

(服制)

第22条 消防団員の服制は、別表第2のとおりとする。

(その他)

第23条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日以後最初に任命される団員の任期は、第3条第3項及び第4条第7項の規定にかかわらず、平成18年3月31日までとする。

附 則(平成18年7月27日規則第37号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年5月1日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規則第14号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月28日規則第12号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

階級職名


区分

団長

副団長

分団長

分団長

副分団長

部長

班長

団員及び機能別団員

管轄区域

本部部長

中隊長

副中隊長

団本部

1

5

5








11

旭市内全域

第1中隊




1

1






2

中隊区域

分団

第1分団






1

1

3

6

46

57

(網戸)、ロ(新町・東町・仲町・田町・塚前・街道)、ハ(瀬道・十日市場岡)、西足洗の一部

第2分団






1

1

3

6

34

45

椎名内、西足洗、足川、ハ(十日市場浜)、野中、東足洗

第3分団






1

1

3

6

38

49

中谷里、仁玉、神宮寺、井戸野浜、駒込浜

小計




1

1

3

3

9

18

118

153


第2中隊




1

2






3

中隊区域

分団

第4分団






1

1

3

6

37

48

(袋・馬場若衆内・宿天神・新川・干潟・西遊正・川向西野・西野)、鎌数(八軒町・神西・川西)、川口の一部

第5分団






1

1

3

6

36

47

井戸野、川口、泉川、大塚原、駒込

第6分団






1

1

3

6

37

48

新町、鎌数(小川・溜下・宮本・元締・谷町場)

第7分団






1

1

2

4

22

30

江ケ崎、琴田(東・中・西琴田)

小計




1

2

4

4

11

22

132

176


第3中隊




1

1






2

中隊区域

分団

第1分団






1

1

3

6

36

47

見広、大間手、倉橋、蛇園、長尾

第2分団






1

1

3

6

36

47

後草(広原・後草)、高生、琴田(沖・琴田)、江ヶ崎の一部

第3分団






1

1

3

6

36

47

清滝、幾世、岩井、松ケ谷

小計




1

1

3

3

9

18

108

143


第4中隊




1

1






2

中隊区域

分団

第1分団






1

1

3

6

36

47

八木、上永井、飯岡、下永井、横根東浜

第2分団






1

1

3

6

36

47

塙、飯岡(八軒町)、平松、岩崎、狢野、行内、萩園、横根

第3分団






1

1

3

6

36

47

三川

小計




1

1

3

3

9

18

108

143


第5中隊




1

1






2

中隊区域

分団

第1分団






1

1

3

6

32

43

萬歳、櫻井、舟戸、関戸、さくら台、溝原

第2分団






1

1

3

6

32

43

入野、米込、長部、清和甲・乙、南堀之内

第3分団






1

1

3

6

44

55

鏑木、萬力、秋田

小計




1

1

3

3

9

18

108

143


合計

1

5

5

5

6

16

16

47

94

574

769


別表第2(第22条関係)

旭市消防団員の服制

制服

帽子

消防団服制(昭和25年国家公安委員会告示第1号。以下「服制準則」という。)の「帽」に準ずる。

上衣

服制準則の「甲種衣」に準ずる。

ズボン

服制準則の「ズボン」に準ずる。

活動服

帽子

地質

紺系色の合成繊維織物又は混紡織物とする。

製式

形状は、図のとおりとする。

庇と前立て部分に飾り刺しゅうを施す。

刺しゅうの色は、階級により金色又は銀色とする。

後部調整の可能なアジャスター付きとする。

上衣

服制準則の「作業衣上衣」に準ずる。

ズボン

服制準則の「作業衣ズボン」に準ずる。

夏上衣

服制準則の「盛夏衣上衣」に準ずる。

夏ズボン

服制準則の「盛夏衣ズボン」に準ずる。

安全帽

服制準則の「安全帽」に準ずる。

防火帽

服制準則の「防火帽」に準ずる。

防火衣

服制準則の「防火衣」に準ずる。

階級章

服制準則の「階級章」に準ずる。

画像

画像

旭市消防団規則

平成17年7月1日 規則第132号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第11編 防災、消防/第2章 消防/第2節 消防団
沿革情報
平成17年7月1日 規則第132号
平成18年7月27日 規則第37号
平成19年5月1日 規則第24号
平成20年3月31日 規則第14号
平成28年3月30日 規則第20号
平成30年3月28日 規則第12号