○旭市民会館の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日

教育委員会規則第17号

(開館時間)

第2条 旭市民会館及び旭第二市民会館(以下「市民会館」という。)の開館時間は、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、特別の事由がある場合は、午後9時まで延長することができる。

(休館日)

第3条 市民会館の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、特別の事由がある場合は、臨時に休館し、又は休館日を変更することができる。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 国民の祝日に関する法律に規定する休日が月曜日に当たるときは、その翌日

(4) 12月29日から12月31日まで並びに翌年の1月2日及び3日

(使用の手続)

第4条 条例第7条の規定により市民会館を使用しようとする者は、旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に対し旭市民会館使用許可申請書(第1号様式)を提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項に規定する申請に対し必要と思われる書類をあわせて提出させることができる。

3 第1項に規定する申請は、市民会館を使用しようとする日(引き続き2日以上使用しようとするときは、その初日)の属する月の3月前の初日(その日が休館日に当たるときは、同日後の最初の休館日でない日)から受け付けるものとする。

(使用の許可)

第5条 市民会館の使用を許可したときは、教育委員会は、旭市民会館使用許可書(第2号様式)を申請者に交付する。

(使用許可の順序)

第6条 前条の規定による使用の許可は、申請者の順序によりこれを行い、申請が同時のときは、協議又はくじにより決める。ただし、公共のため教育委員会が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(使用時間)

第7条 使用時間は、準備又は原状に復するために要する時間を含むものとする。

2 市民会館を使用する場合において、使用開始後の許可時間の延長は、これを認めない。ただし、教育委員会が他の使用に支障がないと認めたときは、この限りでない。

(取消し及び変更)

第8条 市民会館の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が使用の取消し又は変更をしようとする場合は、教育委員会に対し旭市民会館使用取消(変更)許可申請書(第3号様式)を使用日5日前までに提出しなければならない。

2 使用許可の変更は、他の使用に支障を生じない場合に限り許可する。

3 教育委員会は、使用の取消し又は変更を許可した場合は、旭市民会館使用取消(変更)許可書(第4号様式)を申請者に交付する。

4 教育委員会は、条例第13条の規定により使用許可を取り消し、又は使用を停止させる場合は、旭市民会館使用取消(停止)通知書(第5号様式)を使用者に交付する。

(使用料の納付)

第9条 市民会館の使用料は、使用許可のあったとき、これを納付するものとする。ただし、教育委員会が特に認めた場合は、この限りでない。

第10条 削除

(使用料の返還)

第11条 条例第12条ただし書の規定により使用料を還付する場合の基準は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 天災地変その他使用者の責めによらない理由により使用できなかったときは、既納使用料の全額

(2) 第8条第1項の規定に該当する使用の取消しを行った場合は、既納使用料の100分の50

2 第9条ただし書の規定により使用料金未納の使用者が第1項各号のいずれかの理由に相当する場合になったときは、規定使用料から当該各号に定める還付使用料を差し引いた額を納付するものとする。

(プログラム等の提出)

第12条 使用者は、映画、演劇、音楽、舞踊その他これらに類する催物をするために市民会館を使用する場合は、あらかじめこれらの内容を明示したプログラム等を教育委員会に提出しなければならない。

(整理人の配置)

第13条 使用者は、市民会館の使用に当たっては、市民会館内外の秩序保持のために必要な整理人を置かなければならない。

(遵守事項)

第14条 使用者及び入場者は、市民会館内において次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 入場人員は、収容定員(別表)を超えてはならないこと。

(2) あらかじめ指定された場所以外での火気の使用又は喫煙をしないこと。

(3) 建物その他物件を損傷し、又は汚損するおそれのある行為をしないこと。

(4) 騒音を発する行為、暴力行為等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(5) 許可を受けないで物品の販売等をしないこと。

(6) 所定の場所以外の場所に出入りしないこと。

(7) 特に承認を受けたもののほか、所定の場所に備え付けた物件を移動しないこと。

(8) 前各号に掲げるもののほか、館長の指示に違反し、又は市民会館の秩序を乱す行為をしないこと。

(入場の制限)

第15条 館長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入場を拒絶し、又は退館させることができる。

(1) 酒気を帯びていると認められる者

(2) 他人に迷惑になる物品又は動物類を携行する者

(3) 他人に危害を及ぼし、又は秩序風俗を乱すおそれがあると認められる者

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

(広告類の掲示禁止等)

第16条 市民会館敷地内においては、教育委員会が許可したもののほか、広告その他これに類するものの掲示をしてはならない。

(運営審議会)

第17条 条例第5条に規定する旭市民会館運営審議会に議長及び副議長を置く。

2 議長及び副議長は、委員の互選による。

3 議長は、会務を掌理し、会議を主宰する。

4 副議長は、議長を補佐し、議長に事故があるときは、これを代理する。

(その他)

第18条 この規則に定めるもののほか、市民会館の管理運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市民会館の設置及び管理等に関する条例施行規則(昭和42年旭市教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月24日教委規則第5号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月13日教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、旭市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例施行規則(平成17年旭市規則第102号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年6月20日教委規則第5号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

別表(第14条関係)

区分

名称

収容定員

旭市民会館

第1会議室

12人

第2会議室

40人

和室

30人

ホール

320人

旭第二市民会館

第1講習室

80人

第2講習室(和室)

25人

第3講習室

30人

料理実習室

30人

軽運動場

50人

画像画像

画像

画像

画像

画像

旭市民会館の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日 教育委員会規則第17号

(平成26年10月1日施行)