○大原幽学記念館の設置及び管理に関する条例

平成17年7月1日

条例第145号

(設置)

第1条 大原幽学及び郷土の歴史、民俗等に関する貴重な資料を収集し、保管し、展示して一般公衆の利用に供し、地域文化の発展に寄与するため、大原幽学記念館(以下「記念館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 記念館の名称及び位置は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 名称 大原幽学記念館

(2) 位置 旭市長部345番地2

(事業)

第3条 記念館は、第1条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 大原幽学に関する資料を収集し、保管し、展示すること。

(2) 郷土の歴史、民俗等に関する貴重な資料を収集し、保管し、展示すること。

(3) 郷土の偉人及びこれに関する資料を収集し、保管し、展示すること。

(4) 生涯学習の場として、研修会、研究会、講習会等を開催すること。

(5) 第1号から第3号までの資料に関する調査研究を行うこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、記念館の設置目的を達成するために必要な事業

(職員)

第4条 記念館に、館長及びその他必要な職員を置く。

(記念館運営委員会)

第5条 記念館の民主的かつ適正な運営を図るため、大原幽学記念館運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員は、文化財審議会委員がこれを兼ねる。

3 委員の任期は、文化財審議会委員の任期とする。

(入館料)

第6条 記念館に入館しようとする者は、旭市使用料及び手数料に関する条例(平成17年旭市条例第60号)に定めるところにより、入館料を納入しなければならない。

(入館料の免除)

第7条 館長は、特に必要と認める場合に、入館料等を免除することができる。

(入館及び使用の制限)

第8条 館長は、次の各号のいずれかに該当するものがある場合は、その者の入館を拒否し、又は使用の中止を命ずることができる。

(1) 展示品、保管物、施設又は設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(2) 公益を害するおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第9条 記念館の入館者が故意又は過失により、記念館の施設、設備、資料等を損傷し、又は滅失したときは、原状に回復し、又は相当金額で賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、記念館の管理及び運営に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大原幽学記念館設置及び管理に関する条例(平成8年干潟町条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年1月20日条例第11号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

大原幽学記念館の設置及び管理に関する条例

平成17年7月1日 条例第145号

(平成18年4月1日施行)