○旭市青年の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日

教育委員会規則第26号

(開閉時間)

第2条 旭市青年の家(以下「青年の家」という。)の開館時間は、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、特別の事由がある場合は、午後9時まで時間を延長することができる。

(休日)

第3条 青年の家の休日は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、特別の事由のあるときは、臨時に休日とし、又は変更することができる。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 国民の祝日に関する法律に規定する休日が月曜日に当たるときは、その翌日

(4) 12月29日から12月31日まで並びに翌年の1月2日及び3日

(運営委員会の事務内容)

第4条 条例第5条に規定する青年の家運営委員会は、青年の家に関する重要事項について、旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の諮問に答え、又は教育委員会に建議する。

(使用の手続)

第5条 条例第7条の規定により使用の許可を受けようとする者は、教育委員会に旭市施設使用申込書(第1号様式)を提出し、使用の許可を受けなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、他の方法により使用許可の確認ができる場合は、申込書の提出を省略することができる。

(使用の許可)

第6条 教育委員会は、青年の家の使用を許可するときは、旭市施設使用許可書兼領収書(第2号様式)を申込者に交付する。

(取消し及び変更)

第7条 青年の家の使用許可を受けた者が使用の取消し又は変更をしようとするときは、使用日5日前までに、旭市青年の家使用取消変更許可申請書(第3号様式)を教育委員会に提出しなければならない。

2 使用変更許可は、他に支障を生じないときに限り許可する。

3 青年の家の使用取消し又は変更を許可したときは、教育委員会は、旭市青年の家使用取消変更許可書(第4号様式)を申請者に交付する。

4 条例第13条の規定により使用を取り消し、又は停止する場合は、旭市青年の家使用取消停止通知書(第5号様式)を使用者に交付する。

第8条 削除

(入場の制限)

第9条 次の各号のいずれかに該当する者については、入場を拒絶し、又は退場させることができる。

(1) 酒気を帯びていると認められる者

(2) 他人に迷惑になる物品又は動物類を携行する者

(3) 他人に危害を及ぼし、又は秩序風俗を乱すおそれのあると認められる者

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、青年の家の管理運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の旭市青年の家の管理運営に関する規則(昭和47年旭市教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年6月20日教委規則第7号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

旭市青年の家の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年7月1日 教育委員会規則第26号

(平成26年10月1日施行)