○旭市水質検査に関する取扱要綱

平成17年7月1日

訓令第65号

(趣旨)

第1条 この訓令は、水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第20条第1項の規定により、旭市水道課(以下「水道課」という。)が定期又は臨時に行う水質検査の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(水質検査の種類)

第2条 この訓令により定期に行う水質検査の種類は、次の各号に定めるものとする。

(1) 毎月検査 水道法施行規則(昭和32年厚生省令第45号。以下「規則」という。)第15条第1項第2号の規定による検査

(2) 精密検査 1年間に1回行うシアンイオン、フェノール及び重金属類を含む水質基準(水質基準に関する省令(昭和53年厚生省令第56号。以下「省令」という。)の表の下欄に掲げるすべての基準)に関する検査

(3) トリハロメタン検査 トリハロメタン対策のため、1年間に4回以上行う検査

(4) 毎日検査 規則第15条第1項第1号の規定による検査

2 前項に定める水質検査のほか、水道課長が必要と認める場合は、臨時に検査を行うものとする。

(水質検査の実施)

第3条 水質検査は、供給した水が水質基準に適合するかどうかを判断することができる場所から採取した水について行うものとする。

2 前項の検査は、前条第1項第1号から第3号までの検査については、東総広域水道企業団等に依頼し、同項第4号の検査については、水道課長が指定する者に委託して行うものとする。

(水質検査の方法及び基準)

第4条 水質検査の方法及び基準は、省令に定められた方法及び基準に基づき行うものとする。

(水質検査報告書の作成)

第5条 第3条第2項の規定により検査の委託を受けた者は、1か月分の旭市水質検査結果書(別記様式)を作成し、翌月の7日までに旭市長に報告しなければならない。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

画像

旭市水質検査に関する取扱要綱

平成17年7月1日 訓令第65号

(平成17年7月1日施行)