○旭市法令審査会事務取扱規程

平成17年7月1日

訓令第11号

(設置)

第1条 旭市の条例、規則及び訓令等(以下「条例等」という。)の制定及び改廃について、条例等の研究又は審査を行うため、旭市法令審査会(以下「審査会」という。)を設置する。

(組織)

第2条 審査会は、委員長及び委員若干人をもって組織する。

2 委員長は、総務課長の職にある者をもって充てる。

3 委員長は、会務を総理し、審査会を代表する。

(委員)

第3条 委員は、市の職員のうちから市長が任命する。

(審査会の任務)

第4条 審査会の任務は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 条例等の案の審査に関すること。

(2) 疑義にわたる条例等の解釈適用に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、特に市長が命じた事項に関すること。

(審査会)

第5条 審査会は、必要に応じて委員長が招集する。

2 委員長は、審査会に付すべき前条各号に規定する事項(以下「案件」という。)のうち、案件が軽易であって招集する必要がないと認めるときは、回議をもって審査会の審査に代えることができる。

(審査)

第6条 審査会は、条例等の審査又は研究を行うに当たり必要があるときは、当該条例等に関係ある職員の出席を求め、その意見又は説明を求めることができる。

2 新たな条例等の制定又は改正を行うための条例等の制定については、当該条例等の所管課長の出席を求め、その説明及び意見を聴取しなければならない。

(審査会と課長等との関係)

第7条 課長等は、その所管事項に関し、条例等の制定又は改正の提案をしようとするときは、次の各号に掲げる書類を添えて審査会に提出しなければならない。

(1) 条例等の起案理由及び要旨

(2) 案文

(3) 案文の説明資料

 条文説明

 関係法令の写し

 改正の場合にあっては、新旧対照表

 からまでに掲げるもののほか、参考資料

2 委員長は、案件の審査研究のため必要があるときは、課長等に対し必要な資料の提出を求めることができる。

3 課長等は、審査会の審査を経ない条例等の案の議会提出又は市長の決裁を求めてはならない。

4 課長等は、その所管事項に属する条例等の修正意見について審査会から通知を受けたときは、当該意見を尊重して直ちに当該条例等の制定案及び改正案を作成し、審査会に提出しなければならない。

(案件の提出)

第8条 案件の提出は、特別の事由がある場合のほか、次の各号に掲げる期限までに行うものとする。ただし、審査に相当の期日を要する案件にあっては、あらかじめ総務課庶務行政班(以下「庶務行政班」という。)から提出期日の指示を受けなければならない。

(1) 条例案は、議会招集予定日のおおむね50日前であって庶務行政班が指定する期日

(2) 規則その他の規程については、公布予定日の3週間前の期日

(3) 前2号に規定する事項以外の案件については、委員長が指定する期日

(事務処理)

第9条 審査会の事務は、庶務行政班において処理する。

2 審査会の議事については、その概要を記録し、議事に参加した委員の全員がこれに署名しなければならない。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、審査会に関し必要な事項は、審査会が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日訓令第9号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

別紙

法令の制定又は一部改正における起案から公布までの流れ

画像

旭市法令審査会事務取扱規程

平成17年7月1日 訓令第11号

(平成19年4月1日施行)