○旭市議会事務局の組織及び処務等に関する規程

平成17年7月5日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、旭市議会事務局(以下「事務局」という。)の組織及び事務処理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織及び事務分掌)

第2条 事務局に庶務班及び議事班を置く。

2 前項に規定する班の事務分掌は、次の各号のとおりとする。

(1) 庶務班

 文書の収受、発送、編さん及び保存に関すること。

 公印に関すること。

 議長の秘書に関すること。

 儀式及び交際に関すること。

 議長会及び事務研究会に関すること。

 議員の身分並びに報酬及び費用弁償に関すること。

 職員の身分及び給与等に関すること。

 議員の年金に関すること。

 議場その他議会関係各室の管理に関すること。

 職員の研修及び教育に関すること。

 議会図書室の管理に関すること。

 事務局の庶務に関すること。

(2) 議事班

 本会議及び委員会に関すること。

 議決及び決定事項の処理に関すること。

 議会において行う選挙に関すること。

 議事日程及び諸般の報告に関すること。

 質問通告に関すること。

 請願及び陳情に関すること。

 会議録その他会議記録の調製及び保存に関すること。

 議会の傍聴に関すること。

 議員提出議案及び意見書に関すること。

 議会に関する条例、規則等の制定及び改廃に関すること。

 法令その他の調査及び研究に関すること。

 統計資料その他資料の収集及び整備に関すること。

 議会の広報に関すること。

 その他議事に関すること。

3 事務局長は、事務の都合上必要があるときは、前項の規定にかかわらず、臨時に事務を分掌又は処理させることができる。

(職員)

第3条 事務局に事務局長、書記その他の職員を置く。

2 事務局に必要に応じ事務局次長を置くことができる。

3 事務局の職員の定数は、旭市職員定数条例(平成17年旭市条例第16号)に定めるところによる。

(職務)

第4条 事務局長は、議長の命を受けて事務局の事務を掌握し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局次長は、事務局長を補佐し、事務局の事務の連絡調整を図り、円滑な運営に努める。

3 前2項に定める職員以外の職員は、上司の命を受けてその事務に従事する。

(事務分担)

第5条 事務局次長は、職員の事務分担を定めなければならない。

(事務の処理)

第6条 事務の処理は、すべて事務局長を経て議長の決裁を受けなければならない。

(専決事項)

第7条 前条の規定にかかわらず、事務局長は、別表に定める事項について専決することができる。

(類推による専決)

第8条 専決する職員は、別表に定めのない事項であっても、その性質が軽易に属し専決事項に準じて処理してよいと類推されるものは、あらかじめ上司の承認を得て専決することができる。

(代決)

第9条 事務局長が不在のときは、事務局次長がその事務を代決する。

2 重要若しくは異例に属する事項、新規の計画に関する事項、至急に処理することを要しない事項又は上司があらかじめ指示した事項については、前項の規定にかかわらず、代決することができない。

3 代決者は、代決した事項について、速やかに決裁権者の後閲を受けなければならない。

(職員の服務等)

第10条 この訓令に定めるもののほか、職員の服務、任用、給与、事務処理等については、市長事務部局の例による。

附 則

この訓令は、公示の日から施行する。

別表(第7条関係)

専決事項

(1) 休暇、遅刻及び早退

(2) 職務に専念する義務の免除

(3) 旅行命令及び復命

(4) 時間外勤務及び休日勤務の命令

(5) 職員の事務分担

(6) 調査、報告、照会及び回答等

(7) 公簿の閲覧及び証明

(8) 公簿によらない証明

(9) 統計調査等行政資料の収集、印刷及び配布

(10) 事務引継

(11) 軽易な秘書、交際及び渉外連絡

(12) 文書の収受及び発送

(13) 保存文書の管理

(14) 議員報酬及び諸給与に係る事務

(15) 所得税及び住民税の源泉徴収

(16) 扶養手当、住居手当及び通勤手当等の認定

(17) 職員の福利厚生の実施

(18) 職員研修の実施

(19) 公用車の管理

(20) 会議録の印刷及び配布

旭市議会事務局の組織及び処務等に関する規程

平成17年7月5日 議会訓令第1号

(平成17年7月5日施行)