○医療と福祉の郷づくり庁内会議設置規程

平成17年8月18日

訓令第69号

(設置)

第1条 安心で安全なまちづくりを目指し、総合的かつ効果的な施策の展開を推進するため、医療と福祉の郷づくり庁内会議(以下「庁内会議」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 庁内会議の所掌事務は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 医療と福祉の郷づくりに係る政策の立案及び施策の推進に関すること。

(2) 医療と福祉の郷づくりに係る事務の連絡調整に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、医療と福祉の郷づくりに関し必要と認められる事項

(組織)

第3条 庁内会議の構成員は、課長会議の構成員をもって充てる。

2 庁内会議の事務は、企画政策課長が総理する。

(検討グループの設置等)

第4条 庁内会議は、第2条各号に掲げる所掌事務を円滑に行うため、具体的事項を調査研究する検討グループを置く。

2 検討グループは、職員のうちから企画政策課長が指名した者(以下「グループ員」という。)をもって構成する。

3 検討グループに、グループ員の互選により、リーダー1人及びサブリーダー2人を置く。

4 検討グループの会議は、リーダーが招集し、会議の議長となる。

5 検討グループは、必要に応じ関係者の出席を求め、意見又は説明を聴くことができる。

6 リーダー及びサブリーダーは、検討グループにおける調査等の経過及び結果を整理し、企画政策課長に報告するものとする。

(会議)

第5条 庁内会議は、検討グループの報告を受けたときに企画政策課長が招集する。

(庶務)

第6条 庁内会議及び検討グループの庶務は、企画政策課において処理する。

附 則

この訓令は、平成17年8月18日から施行する。

附 則(平成23年5月20日訓令第10号)

この訓令は、平成23年6月1日から施行する。

医療と福祉の郷づくり庁内会議設置規程

平成17年8月18日 訓令第69号

(平成23年6月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織/第2節 委員会等
沿革情報
平成17年8月18日 訓令第69号
平成23年5月20日 訓令第10号