○旭市庁議等設置規程

平成17年8月1日

訓令第67号

(設置)

第1条 市政の円滑な運営及び市の各機関の調整を図るため、庁議及び課長会議を設置する。

(構成)

第2条 庁議は、市長主宰の下、副市長、教育委員会教育長、秘書広報課長、行政改革推進課長、総務課長、企画政策課長、財政課長及び市長が必要と認める課(室及び局を含む。以下同じ。)の長その他の職員をもって構成する。

2 課長会議は、市長主宰の下、副市長、教育委員会教育長及び各課の長をもって構成する。ただし、市長が必要と認めるときは、関係職員を出席させることができる。

3 市長は、必要と認めるときは、前2項の構成職員以外の者を出席させ、その意見を求めることができる。

(付議事項)

第3条 庁議に付すべき事項は、次の各号に掲げる事項とする。

(1) 市政運営の基本方針に関する事項

(2) 議会提案に係る事項

(3) 重要な新規事業又は重要な施策に関する事項

(4) 法令の制定改廃又は国若しくは県の施策等、市政運営に重大な影響を及ぼす事項

(5) 特に重要な行事等に関する事項

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める事項

2 課長会議に付すべき事項は、次の各号に掲げる事項とする。

(1) 庁議において、課長会議に付する必要があると決定された事項

(2) 主要な事務事業及び行事等に関する連絡及び報告

(3) 前2号に規定するもののほか、市長が特に必要と認める事項

(開催日)

第4条 庁議は毎週月曜日(休日に当たるときは、その翌日とする。)に、課長会議は毎月1日(休日に当たるときは、その翌日とする。)に開催するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、特に必要と認めるときは、庁議及び課長会議の開催日を変更し、又は臨時に開催することができる。

(資料の送付)

第5条 課長会議に付すべき事項を所管する課の長は、開催日の3日前までに、企画政策課に資料を送付しなければならない。

(専門委員会)

第6条 市長は、専門的及び個別的な調査研究を行うため、必要に応じて専門委員会を設置することができる。

2 専門委員会の構成及び運営に関する事項は、市長が別に定める。

3 専門委員会の庶務は、原則として調査研究に係る事項を主管する課が処理する。

(庶務)

第7条 庁議の庶務は秘書広報課において処理し、課長会議の庶務は企画政策課において処理する。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日訓令第9号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日訓令第9号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年5月20日訓令第10号)

この訓令は、平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日訓令第8号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

旭市庁議等設置規程

平成17年8月1日 訓令第67号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織/第1節 通則
沿革情報
平成17年8月1日 訓令第67号
平成18年3月31日 訓令第5号
平成19年3月26日 訓令第9号
平成22年3月30日 訓令第9号
平成23年5月20日 訓令第10号
平成25年3月29日 訓令第8号