○旭市消防本部表彰規程

平成17年10月7日

消防本部訓令第28号

(趣旨)

第1条 この訓令は、消防表彰(以下「表彰」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(表彰)

第2条 市長又は消防長は、消防職員(以下「職員」という。)又は職員以外の者で、消防上の功労があると認められるものを表彰することができる。

2 消防長の表彰は、市長が消防長において表彰することが適当であると認めた表彰とする。

(表彰の種類)

第3条 表彰の種類は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 功労表彰

(2) 精績表彰

(3) 善行表彰

(4) 消防協力者表彰

(5) その他の表彰

(功労表彰)

第4条 功労表彰は、住民の生命、身体及び財産を火災その他の災害から保護するため、一身の急迫した危険に直面しながら敢然として任務を遂行した職員又は職員として職務遂行上功労が特に顕著で他の模範となる者に対し、表彰状を授与してその業績を表彰するものとする。

(精績表彰)

第5条 精績表彰は、次の各号のいずれかに該当する職員で、前条に規定する功労表彰に至らないものに対し、表彰状を授与してその業績を表彰するものとする。

(1) 人命救助又は救急救護に業績があった者

(2) 火災の予防、警戒、鎮圧等に顕著な成績をあげた者

(3) 消防事務又は消防業務に関する改善、能率増進、成績の向上若しくは志気の向上に業績があった者

(4) 消防機械器具又は消防施設に関する有効な発明、考案又は改善に業績があった者

(5) 消防長会等が主催する全国消防業務競技会又は発表会において入賞を果たした者

(6) 前各号に定めるもののほか、平素における勤務成績が優秀で職務に精励し、顕著な成績をあげた者

(善行表彰)

第6条 善行表彰は、次の各号のいずれかに該当する職員に対し、表彰状を授与してこれを表彰するものとする。

(1) 非番日等の職務命令外において人命救助、火災鎮圧等に従事し功労があった者

(2) 刑事事件における被疑者の逮捕、現行犯逮捕等に協力し、その功労が顕著で賞揚の必要があると認められる者

(3) その他特に善行があると認められる者

(消防協力者表彰)

第7条 消防協力者表彰は、職員以外の者で、次の各号のいずれかに該当するものに対し、表彰状を授与してこれを表彰するものとする。

(1) 火災その他の災害時において人命救助、救急救護又は火災等の災害予防、警防若しくは鎮圧に協力し、その功労が顕著な者

(2) 永年にわたり消防業務の推進改善に貢献した者

(3) 永年にわたり消防行政の発展に貢献した者

(4) 消防施設の拡充強化に著しく貢献した者

(その他の表彰)

第8条 市長又は消防長は、第4条から前条までの規定による表彰のほか、消防上功労があり他の模範となると認められる者を表彰することができる。

(表彰の基準)

第9条 第4条から第6条までの表彰は、次の各号に掲げる基準により行うものとし、常に慎重を期し、適正かつ妥当に取り扱わなければならない。

(1) 人命救助

 身の危険をかえりみず人命を救助したとき。

 きわめて困難な状況下において人命を救助又は救護したとき。

 特に他の模範と認められる救助又は救護の手段若しくは方法により人命を救助又は救護したとき。

 その他特に功労があったと認められるとき。

(2) 救急

 多数の傷病者が発生した重大事故における救急搬送及び救急処置が適切で、人命救護上効果があったと認められるとき。

 きわめて困難な状況下において、適切な救護処置により人命を救助したとき。

 救急処置がきわめて適切であったため人命を救助したとき。

 その他特に功労があったと認められるとき。

(3) 火災予防

 査察、指導等が適切で、人命の危険及び出火の危険の排除に特に効果があったとき。

 適切な指導及び尽力により、消防諸施設の充実、改善等について特に効果があったとき。

 その他特に功労があったと認められるとき。

(4) 火災警戒

 火災を早期に発見し、通報が的確で、消火活動に協力し、部隊運用上大きな効果があったとき。

 困難な状況下において火災を発見し、的確な通報により部隊運用上大きな効果があったとき。

 救急事故等を早期に発見して的確に通報し、大きな効果があったとき。

 その他特に功労があったと認められるとき。

(5) 火災鎮圧

 火災鎮圧に当たり大きな効果があったとき。

 その他特に功労があると認められるとき。

(6) 消防事務又は消防業務等における功績

 事務処理が特に適切であり、著しく能率を増進したとき。

 職務の執行が特に適切であり、著しく効果があったとき。

 その他特に功労があったと認められるとき。

2 前項第1号から第5号までの基準は、第7条に規定する消防協力者表彰において準用する。

(表彰の上申)

第10条 所属長(消防本部にあっては課長、消防署にあっては署長をいう。以下同じ。)は、この訓令の規定による表彰に該当する者があるときは、消防表彰上申書(別記様式。以下「上申書」という。)により消防長に上申するものとする。

2 前項に規定する上申は、次の各号に掲げる要領により行うものとする。

(1) 職員の表彰

 当該職員の功労が他の職員と関連するものであるときは、その職員と連署すること。

 功労事績が相互に関連し、又は同種のものであって連続したものであるときは、1事績として取り扱うこと。

 功労者が2人以上あって功労事績に差があると認められるときは、上申書記載の功労者の氏名上部に功労順位を朱書すること。

(2) 職員以外の者の表彰上申は、事件発生の内容を管轄する所属長が取り扱うものとする。ただし、特異なものでこれにより難いときは、その当該事件を処理し、又はその事実の申出を受けた所属長において取り扱うことができる。

(欠格条項)

第11条 市長又は消防長は、表彰を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該者を表彰することができない。

(1) 刑事事件に関して起訴されたとき。

(2) 懲戒処分を受けたとき。

(3) 降任、停職又は免職の処分を受けたとき。

(表彰の期日)

第12条 表彰は、毎年消防出初式において行うものとする。ただし、必要があると認められるときは、随時行うことができる。

(被表彰者の死亡等)

第13条 表彰を受けることが決定した者が、表彰前において死亡又は退職したときは、生前又は退職の日にさかのぼってこれを表彰するものとする。

(表彰の取消し)

第14条 表彰を受けた者が懲戒処分を受け、又は表彰を受けた者としてふさわしくない非行があったときは、市長又は消防長は、当該表彰を取り消すことができる。

(表彰審査委員会)

第15条 表彰の決定について審査し、その適正を期するため、表彰審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第16条 委員会は、消防長、消防次長及び各所属長をもって構成する。

(委員長)

第17条 委員会の委員長は、消防長の職にある委員をもって充てる。

2 委員長は、委員会の会務を総理する。

3 委員長に事故があるとき又は欠けたときは、あらかじめ委員長が指名した委員がその職務を代理する。

(会議)

第18条 委員会の会議は、委員長が招集し、議長となる。

2 委員長は、必要があると認めたときは、委員会に委員以外の関係者の出席を求め、事情を聴取することができる。

3 委員会の決定は、委員の過半数でこれを決し、可否同数の場合は、委員長の決するところによる。

4 委員は、自己又は3親等以内の親族に関する審査については、会議の審議に加わることができない。

(委員会の省略)

第19条 委員長は、表彰事案の内容により委員会の会議を省略し、当該事案に関係する委員の意見を徴して、表彰に係る審査を行うことができる。

(委員会の庶務)

第20条 委員会の庶務は、消防本部総務課において処理する。

(副賞)

第21条 表彰には、副賞として記念品又は金員を添えることができる。

2 前項に規定する記念品又は金員の額は、委員会の意見を徴して消防長が定める。

(その他)

第22条 この訓令に定めるもののほか、表彰に関し必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月7日から施行する。

附 則(平成23年5月24日消本訓令第1号)

この訓令は、平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日消本訓令第3号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月10日消本訓令第1号)

この訓令は、公示の日から施行する。

画像

旭市消防本部表彰規程

平成17年10月7日 消防本部訓令第28号

(平成29年2月10日施行)