○旭市まちづくりサポーター設置要綱

平成18年1月25日

告示第7号

(設置)

第1条 市の施策決定又は事業計画の策定に当たり、市民等の意見を聴くために、まちづくりサポーター(以下「サポーター」という。)を設置する。

(役割)

第2条 サポーターは、市からの調査及び照会に対して回答するものとする。

(全体会議)

第3条 サポーターと市との調整の場として、必要に応じて全体会議を開催する。

(市との連絡方法)

第4条 サポーターと市との連絡方法は、電子メール又はファクシミリとする。

(定数)

第5条 サポーターの定数は、50人以内とする。

(任期)

第6条 サポーターの任期は、委嘱の日から3月31日までとする。

(資格及び委嘱)

第7条 サポーターは、18歳以上の市民又は市内に通勤若しくは通学する者から一般公募し、市長が委嘱する。

(委嘱の取消し)

第8条 市長は、サポーターが任期途中で次の各号のいずれかに該当したときは、委嘱を取り消すものとする。

(1) 市民又は市内に通勤する者でなくなったとき。

(2) サポーターが辞退を申し出たとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が適格でないと認めたとき。

(報償)

第9条 市長は、サポーターの職務に対し、予算の範囲内で報償を支払う。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成18年1月25日から施行する。

(任期の特例)

2 第6条の規定にかかわらず、平成17年度に委嘱するサポーターの任期は、平成19年3月31日までとする。

旭市まちづくりサポーター設置要綱

平成18年1月25日 告示第7号

(平成18年1月25日施行)