○旭市指定管理者候補者選定委員会設置要綱

平成18年1月27日

告示第10号

(設置)

第1条 旭市が設置する公の施設に係る指定管理者の候補者(以下「候補者」という。)の選定を公平かつ適正に実施するため、旭市指定管理者候補者選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(職務)

第2条 委員会は、旭市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年旭市条例第2号)に基づき行われる申請について、必要な事項を審査し、当該申請に係る公の施設の管理業務に最も適当な候補者を選定するものとする。

(組織)

第3条 委員会は、委員長及び委員をもって組織する。

(委員長)

第4条 委員長は、副市長をもって充てる。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が委員のうちから指名した者がその職務を代理する。

(委員)

第5条 委員の定数は、10人以内とし、次の各号に掲げる者をもって構成し、第3号及び第4号の委員については、市長が委嘱する。

(1) 行政改革推進課長、総務課長、企画政策課長及び財政課長

(2) 候補者を選定すべき公の施設を所管する課長その他関係課長

(3) 市民を代表する者

(4) 学識経験者

2 委員の任期は、次の各号に掲げる区分により、当該各号に掲げる期間とする。

(1) 前項第1号の委員 当該職にある期間

(2) 前項第2号の委員 案件が委員会に付議されたときから、当該案件に係る候補者の選定を終了するまでの期間

(3) 前項第3号及び第4号の委員 委員として市長から委嘱されたときから、当該委嘱に係る案件の候補者の選定を終了するまでの期間

(会議)

第6条 委員会の会議は、必要に応じて委員長が招集する。

2 委員会の会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 委員会の会議の議長は、委員長をもって充てる。

4 委員会は、第2条の職務を遂行するため必要があるときは、関係者に説明を求めることができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、候補者を選定すべき公の施設を所管する課において処理する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年1月27日から施行する。

附 則(平成19年2月7日告示第26号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年5月20日告示第75号)

この告示は、平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日告示第66号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

旭市指定管理者候補者選定委員会設置要綱

平成18年1月27日 告示第10号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第6編 財務/第2章 契約、財産
沿革情報
平成18年1月27日 告示第10号
平成19年2月7日 告示第26号
平成23年5月20日 告示第75号
平成25年3月29日 告示第66号