○旭市障害者等相談支援事業実施要綱

平成18年9月29日

告示第198号

(趣旨)

第1条 この要綱は、障害者等の地域における自立生活及び社会参加の促進のため、障害者等からの相談に応じ、必要な情報の提供、助言等を行う障害者等相談支援事業(以下「事業」という。)の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「障害者等」とは、市内に住所を有する障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)第4条第1項に規定する障害者及び同条第2項に規定する障害児をいう。

(事業の実施)

第3条 市長は、障害者等又はその保護者からの相談に応じ、必要な情報の提供、助言等を行うものとし、その内容は、おおむね次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 福祉サービスの利用援助

(2) 社会資源を活用するための支援

(3) 社会生活力を高めるための支援

(4) 権利擁護のために必要な援助

(5) 専門機関の紹介

(業務の委託)

第4条 市長は、事業の全部又は一部を、法第32条第1項に規定する指定相談支援事業者に委託することができる。

(費用負担)

第5条 事業を利用する者の費用負担は、無料とする。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成25年3月26日告示第54号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

旭市障害者等相談支援事業実施要綱

平成18年9月29日 告示第198号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第6節 障害者福祉
沿革情報
平成18年9月29日 告示第198号
平成25年3月26日 告示第54号