○旭市身体障害者用自動車改造費助成事業実施要綱

平成18年9月29日

告示第202号

(趣旨)

第1条 この要綱は、重度身体障害者に対して自らが所有し運転する自動車の改造に要する費用の一部を助成することにより、重度身体障害者の社会復帰の促進を図るため、身体障害者用自動車改造費助成事業の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(助成の対象者)

第2条 この要綱により自動車改造費の助成を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、次の各号のいずれにも該当する者とする。ただし、助成は、原則として1人につき1回とする。

(1) 市内に居住地を有する者

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害が上肢機能障害、下肢機能障害又は体幹機能障害であって、かつその障害の程度が1級又は2級のもの。

(3) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条に規定する第1種免許のうち、普通自動車免許に係る免許証(以下「免許証」という。)を有する者

(4) 就労、自立した生活の確保又は社会活動への参加(以下「就労等」という。)に伴い、自ら所有し運転する自動車の操向装置、駆動装置等の一部を改造する必要がある者

(5) 助成金を支給する月の属する年の前年の世帯所得金額が、当該月の特別障害者手当の所得制限限度額を超えない者

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、操向装置、駆動装置等の改造に要する経費とし、10万円を限度とする。

(申請)

第4条 助成金の支給を受けようとする対象者(以下「申請者」という。)は、自動車の改造前又は改造後1か月以内に、旭市身体障害者用自動車改造費助成金支給申請書(第1号様式)次の各号に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 身体障害者手帳の写し

(2) 免許証の写し

(3) 申請者の属する世帯の前年分所得金額が確認できる書類

(4) 車検証の写し

(5) 改造を行う業者の見積書(改造後の申請の場合は、請求明細書)

(決定等)

第5条 市長は、前条に規定する申請があったときは、これを審査して助成の可否を決定し、その結果を、旭市身体障害者用自動車改造費助成金支給決定(却下)通知書(第2号様式)により申請者に通知するものとする。

(請求)

第6条 前条の規定により助成金の支給を決定された者は、自動車の改造後速やかに(改造後の申請の場合は速やかに)、旭市身体障害者用自動車改造費助成金支給請求書(第3号様式)に自動車の改造のために支払った費用の額を明らかにする書類を添えて、助成金の支給を市長に請求するものとする。

(支給)

第7条 市長は、前条に規定する請求に基づき、助成金を支給するものとする。

(助成金の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正な手段により助成金の支給を受けたと認められる者があるときは、当該助成した額の全部又は一部を返還させることができる。

(台帳)

第9条 市長は、助成金の支給に係る旭市身体障害者用自動車改造費助成金支給台帳(第4号様式)を整備するものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年10月1日から施行し、同日以後の自動車の改造について適用する。

附 則(平成28年3月2日告示第32号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

旭市身体障害者用自動車改造費助成事業実施要綱

平成18年9月29日 告示第202号

(平成28年4月1日施行)