○旭市手話通訳者派遣事業実施要綱

平成18年9月29日

告示第203号

(趣旨)

第1条 この要綱は、聴覚障害者及び音声又は言語機能障害者(以下「聴覚言語障害者」という。)の自立と社会参加を促進するため、手話通訳者派遣事業(以下「事業」という。)の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「手話通訳者」とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。

(1) 手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令(平成21年厚生労働省令第96号)に基づき実施された手話通訳技能についての審査・証明事業の試験に合格した者

(2) 都道府県の実施する手話通訳に関する認定試験に合格した者

(派遣の対象者)

第3条 この要綱により手話通訳者の派遣を受けることができる者(以下「派遣対象者」という。)は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 市内に住所を有する聴覚言語障害者

(2) その他市長が必要と認める者

(派遣の実施等)

第4条 市長は、前条に規定する派遣対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、手話通訳者の派遣を行うものとする。

(1) 医療機関での受診、相談又は健康診断を受けるとき。

(2) 官公庁、学校その他の公的機関に赴いて行う手続、相談又は事業に参加するとき。

(3) 就職面接、労働条件その他の就労に関する活動を行うとき。

(4) 前3号に掲げるほか、市長が必要と認めるとき。

2 前項に規定する条件を満たす場合であっても、次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、手話通訳者の派遣を行わない。

(1) 営利を目的として行われるとき。

(2) 政治団体、宗教団体等により行われるとき。

(3) 長期に継続して行われるとき。

(派遣の時間)

第5条 手話通訳者の派遣時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が必要と認めたときは、この限りでない。

(派遣の区域)

第6条 手話通訳者の派遣区域は、千葉県内とする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(業務の委託)

第7条 市長は、手話通訳者の派遣の決定を除き、事業の実施を、千葉県聴覚障害者協会(以下「障害者協会」という。)に委託することができる。

(派遣の申請)

第8条 手話通訳者の派遣を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、旭市手話通訳者派遣申請書(第1号様式)により、派遣を希望する日の7日前までに、市長に申請しなければならない。ただし、緊急を要するときは、この限りでない。

(派遣の決定等)

第9条 市長は、前条の規定による申請があったときは、これを審査して手話通訳者の派遣の可否を決定し、その結果を、旭市手話通訳者派遣決定(却下)通知書(第2号様式)により申請者に通知するとともに、当該通知書の写しを障害者協会に送付するものとする。

(費用負担)

第10条 手話通訳者の派遣に係る申請者の費用負担は、無料とする。

(報告)

第11条 障害者協会は、事業を実施したときは、その実績を、翌月10日までに市長に報告するものとする。

(秘密の保持)

第12条 障害者協会は、個人の人権を尊重して事業を遂行するとともに、業務上知り得た個人の身上に関する秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成24年3月13日告示第39号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日告示第32号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

旭市手話通訳者派遣事業実施要綱

平成18年9月29日 告示第203号

(平成28年4月1日施行)