○きれいな旭をつくる運動推進要綱

平成19年4月20日

告示第100号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市民の環境意識の醸成を図るとともに、市と市民が一体となって地域環境の保全及び美化を推進するため実施するきれいな旭をつくる運動(以下「運動」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(実施計画の策定)

第2条 市は、運動の推進にあたっては、常に市民との連携を図るものとし、関係団体と協議の上で、運動の実施計画を策定するものとする。

2 前項に規定する実施計画は、市民の環境に対する意識の高揚及び自主的な活動の活性化が図られる施策が講じられるように勘案されたものでなければならない。

(運動の内容)

第3条 運動における実地の活動は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) ゴミの減量化及び再資源化運動 生ゴミの自家処理及び資源ゴミの効率的な分別を促進する。

(2) ゴミの不法投棄撲滅運動 建築廃材、廃ビニール、危険物等の不法投棄を根絶するための監視活動を促進する。

(3) 河川、海岸、道路等の美化運動 市民共有の財産である河川、海岸、道路等の環境美化のための活動を促進する。

(広報及び啓発)

第4条 市は、運動の気運醸成のため、次の各号に掲げる広報及び啓発活動を推進するものとする。

(1) 広報及び啓発資料の発行 市の広報紙によるPR、パンフレットの発行等を行う。

(2) 標語、ポスター、作文等の募集及び掲示 市内の小学生、中学生及び一般市民から環境の保全及び美化に関する標語、ポスター、作文等を募集し、顕彰するとともに市内に掲示し、市民の環境意識の高揚に活用する。

(3) 環境美化活動への顕彰 他の模範となる環境美化活動を実践した個人又は団体へ顕彰し、市民の環境に対する意識の高揚を図る。

(4) 市立学校への啓蒙要請 市立の小中学校において、児童及び生徒並びにその保護者に対する環境意識の高揚についての啓蒙を要請する。

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか、運動の推進に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公示の日から施行する。

(きれいな旭をつくる運動推進基本要綱の廃止)

2 きれいな旭をつくる運動推進基本要綱(平成17年旭市告示第73号)は、廃止する。

(旭市廃棄物不法投棄防止対策活動報奨金支給要綱の廃止)

3 旭市廃棄物不法投棄防止対策活動報奨金支給要綱(平成18年旭市告示第51号)は、廃止する。

附 則(平成28年3月24日告示第53号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年1月6日告示第3号)

この告示は、公示の日から施行する。

きれいな旭をつくる運動推進要綱

平成19年4月20日 告示第100号

(令和2年1月6日施行)