○旭市資源ごみ集団回収促進事業奨励金交付要綱

平成20年3月31日

告示第62号

(趣旨)

第1条 この要綱は、資源の再生利用及びごみの減量化の促進を図るため、資源ごみの回収を実施する団体に対し予算の範囲内で交付する資源ごみ集団回収促進事業奨励金(以下「奨励金」という。)に関し、旭市補助金等交付規則(平成17年旭市規則第37号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 団体 PTA、子ども会、老人クラブその他市民で構成される団体をいう。

(2) 資源ごみ 団体が自ら回収した繊維類、紙類、金属類、瓶類、ペットボトル等の資源廃棄物で、当該団体が資源回収業者に引き渡したものをいう。

(団体の登録)

第3条 奨励金の交付を受けようとする団体の代表者は、あらかじめ、旭市資源ごみ集団回収促進事業実施団体登録申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する申請書の提出があったときは、内容を審査して登録の可否を決定し、その結果を当該申請者に通知するものとする。

(奨励金の額)

第4条 奨励金の額は、資源回収業者に引き渡した資源ごみ1キログラム当たり5円以内とする。

2 会計年度当たりの奨励金の交付限度額は、1団体につき20万円とする。

(交付の申請)

第5条 奨励金の交付を申請しようとする団体の代表者は、旭市資源ごみ集団回収促進事業奨励金交付申請書(第2号様式)に資源回収業者に引き渡した資源ごみの数量が記載された計量票の写しを添えて市長に提出しなければならない。

2 前項に規定する申請書は、次の各号に掲げる期間における実績について、当該各号に掲げる日までに提出するものとする。

(1) 4月から7月まで 8月25日

(2) 8月から11月まで 12月25日

(3) 12月から翌年3月まで 3月31日

(交付の決定等)

第6条 市長は、前条に規定する申請書の提出があったときは、内容を審査して奨励金の交付の可否を決定し、その結果を旭市資源ごみ集団回収促進事業奨励金交付決定(却下)通知書(第3号様式)により当該申請者に通知するものとする。

(交付の請求)

第7条 前条の規定により奨励金の交付の決定を受けた団体の代表者は、奨励金の交付を請求するときは、旭市資源ごみ集団回収促進事業奨励金交付請求書(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日告示第32号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

旭市資源ごみ集団回収促進事業奨励金交付要綱

平成20年3月31日 告示第62号

(平成28年4月1日施行)