○旭市名誉市民条例施行規則

平成20年6月25日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、旭市名誉市民条例(平成20年旭市条例第23号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(称号記及び名誉市民章)

第2条 条例第3条第1項に規定する顕彰は、称号記及び名誉市民章を贈呈することにより行うものとする。

2 名誉市民章は、本人に限りこれを使用するものとし、何人にも貸与することができない。

3 名誉市民であった者の遺族は、称号記及び名誉市民章を保管することができる。

(事績の公表)

第3条 条例第3条第1項に規定する名誉市民の事績の公表は、市の広報紙に次の各号に掲げる事項を掲載することにより行うものとする。

(1) 氏名、住所及び生年月日

(2) 略歴

(3) 顕彰すべき事績の概要

(4) 近影の顔写真

(名誉市民台帳)

第4条 条例第3条第1項に規定する顕彰を行ったときは、名誉市民台帳にこれを登録するものとする。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

旭市名誉市民条例施行規則

平成20年6月25日 規則第18号

(平成20年6月25日施行)

体系情報
第1編 総規/第3章 表彰
沿革情報
平成20年6月25日 規則第18号