○旭市海上キャンプ場の設置及び管理に関する条例

平成21年3月23日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定により、旭市海上キャンプ場の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 野外活動を通じて青少年の健全な育成を図るとともに、研修及び交歓の場として旭市海上キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 キャンプ場の名称及び位置は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 名称 旭市海上キャンプ場

(2) 位置 旭市岩井1000番地

(管理)

第4条 キャンプ場の管理は、旭市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行うものとする。

(使用者の範囲)

第5条 キャンプ場を使用することができる者は、青少年及びその引率者とする。ただし、教育委員会が使用を適当と認めたときは、この限りでない。

(使用の許可)

第6条 キャンプ場を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、キャンプ場の使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) キャンプ場の設置の目的に反すると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、キャンプ場の管理上支障があると認められるとき。

(使用の許可の取消し等)

第8条 教育委員会は、第6条の規定によりキャンプ場の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、当該許可を取り消し、又は当該許可に係る使用を制限することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 虚偽の申請その他不正な手段により使用の許可を受けた事実が明らかになったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、キャンプ場の管理上支障があると認められるとき。

(使用料)

第9条 使用者は、旭市使用料及び手数料に関する条例(平成17年旭市条例第60号)に定める使用料を納付しなければならない。

(損害賠償)

第10条 使用者は、キャンプ場の施設、設備その他器具等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事情があると認めるときは、この限りでない。

(指定管理者)

第11条 教育委員会は、キャンプ場の管理運営上必要があると認めるときは、法第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に、キャンプ場の管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第12条 前条の規定により指定管理者にキャンプ場の管理を行わせる場合の当該指定管理者の行う業務は、次の各号に掲げる業務とする。この場合において、第5条から第8条までの規定中「教育委員会」とあるのは、「指定管理者」とする。

(1) 第5条から第8条までに規定する使用者の範囲、使用の許可、使用の制限及び使用の許可の取消し等に関すること。

(2) キャンプ場の施設及び設備の維持管理に関すること。

(3) キャンプ場の運営に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会が必要と認める事項

(指定管理者が行う管理の基準)

第13条 指定管理者は、この条例及びこの条例に基づく規則の定めるところにより、適正にキャンプ場の管理を行わなければならない。

(指定管理者の使用料の収受)

第14条 第11条の規定により指定管理者にキャンプ場の管理を行わせる場合の使用料は、当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

2 前項に規定する使用料の額については、第9条に定める額の範囲内において、あらかじめ市長の承認を得て指定管理者が定めるものとする。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日等)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、第9条及び次項の規定は、同年7月1日以後のキャンプ場の使用について適用する。

(旭市使用料及び手数料に関する条例の一部改正)

2 旭市使用料及び手数料に関する条例の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

旭市海上キャンプ場の設置及び管理に関する条例

平成21年3月23日 条例第3号

(平成21年4月1日施行)