○旭市スクールカウンセラー取扱要綱

平成23年3月16日

教育委員会告示第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市内小学校及び中学校に在籍する児童及び生徒の問題行動等に的確に対応するスクールカウンセラーを任用するための取扱に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 スクールカウンセラーは、旭市教育委員会(以下「教育委員会」という)の指揮監督の下に、次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 学校生活の中で悩みを持つ児童及び生徒に対するカウンセリング

(2) カウンセリングに係る教職員及び保護者に対する助言及び指導

(3) 困難なケースに関する会議への参加並びに指導及び助言

(4) 緊急事態発生時におけるカウンセリング等への対応

(5) その他、市内小学校及び中学校の児童及び生徒のカウンセリング等に関し、必要と認められる活動

(任用の基準)

第3条 スクールカウンセラーは、次の各号のいずれかに該当する者から、教育委員会が任命する。

(1) 公認心理師の資格を有する者

(2) 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から認定された臨床心理士の資格を有する者

(3) 児童生徒の臨床心理に関して高度な専門的知識及び経験を有する者

(4) 前各号に掲げるもののほか、教育委員会がスクールカウンセラーとして適当であると認める者

(採用時の提出書類)

第4条 教育委員会は、スクールカウンセラーの採用に当たっては、次の各号に掲げる書類を提出させるものとする。

(1) 履歴書

(2) 身元申告書

(3) 健康診断書

(4) 教育委員会が必要と認める書類

(勤務場所)

第5条 スクールカウンセラーの勤務場所は、原則として教育委員会事務局とする。

(派遣申請)

第6条 市内の小学校及び中学校において、スクールカウンセラーの派遣を受けようとするときは、スクールカウンセラー派遣申請書(別記様式)により、教育委員会に申請をするものとする。

(勤務日及び勤務時間)

第7条 スクールカウンセラーの勤務日及び勤務時間の割り振りは教育委員会が別に定める。スクールカウンセラーの勤務日及び勤務時間の割り振りは教育委員会が別に定める。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、カウンセラーの取扱いに関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月27日教委告示第4号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和2年2月17日教委告示第4号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

画像

旭市スクールカウンセラー取扱要綱

平成23年3月16日 教育委員会告示第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12編 教育/第2章 学校教育
沿革情報
平成23年3月16日 教育委員会告示第1号
平成27年3月27日 教育委員会告示第4号
令和2年2月17日 教育委員会告示第4号