○あさひ健康福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成23年5月18日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、あさひ健康福祉センターの設置及び管理に関する条例(平成17年旭市条例第64号。以下「条例」という。)第13条の規定により、あさひ健康福祉センター(以下「健康福祉センター」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 健康福祉センターの開館時間は、午前10時から午後5時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 健康福祉センターの休館日は、次の各号に掲げる日とする。

(1) 毎週月曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めるときは、休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(使用の手続)

第4条 健康福祉センターを個人で使用しようとする者は、あさひ健康福祉センター使用許可申請簿(第1号様式)に必要事項を記入し、市長の許可を受けなければならない。

2 健康福祉センターを団体で使用しようとするときは、その代表者(以下「申請者」という。)は、使用日の7日前までに、あさひ健康福祉センター団体使用許可申請書(第2号様式)を市長に提出しなければならない。この場合において、当該申請書は、健康福祉センターを使用しようとする日の2か月前から提出することができる。

3 市長は、前項に規定する申請書の提出があったときは、これを審査し、適当と認めたときは、あさひ健康福祉センター団体使用許可書(第3号様式)を申請者に交付するものとする。

(使用の変更又は取消し)

第5条 前条第3項の規定による健康福祉センターの使用の許可を受けた者は、健康福祉センターの使用の許可条件等の変更をしようとするときは、速やかに、あさひ健康福祉センター使用許可条件等変更承認申請書(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する申請書の提出があったときは、これを審査し、適当と認めたときは、あさひ健康福祉センター使用許可条件等変更承認書(第5号様式)を申請者に交付するものとする。

3 前条第3項の規定による健康福祉センターの使用の許可を受けた者(前項の規定による変更承認を受けた者を含む。)は、自己の都合により健康福祉センターの使用を取り消そうとするときは、速やかに、あさひ健康福祉センター使用取消届出書(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

4 市長は、前項に規定する届出があったときは、特別の事情がない限り、当該届出を受理するものとする。

(使用者の遵守事項)

第6条 健康福祉センターを使用する者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設、設備、器具等を損傷しないこと。

(2) 指定の場所以外で飲食若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(3) 許可を受けないで備品、器具等の使用又は移動をしないこと。

(4) 使用後は清掃を行うとともに、原状に復し職員の確認を受けること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、健康福祉センターの管理運営上不適当と認められる行為をしないこと。

(販売行為等の制限)

第7条 市長の許可を受けないで、健康福祉センター及びその敷地内において、物品の展示及び販売又はこれに類する行為をしてはならない。

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第8条 条例第9条の規定により指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に健康福祉センターの管理を行わせる場合における第2条から第5条まで及び第7条の規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、健康福祉センターの管理及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月5日規則第10号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月3日規則第1号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

あさひ健康福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成23年5月18日 規則第23号

(平成29年4月1日施行)